« いただきました。 | トップページ | 違和感を覚える議会でのやりとり。 »

2013年4月28日 (日曜日)

違和感を覚える議会でのやりとり。

ある議会の議事録を読んでいて、おもしろい質疑応答がありました。

議員 「この予算をみると、委託調査が300万円とってあるのに、150万円しか使ってないじゃないか!どうなっているのか!」
部長 「入札を実施したら、150万円ですみました・・・」
議員 「なんで150万円も少なくすんだんだ。なぜ当初の300万円を使わなかったのかっ!」

こんな感じの質問です。その議会では、こういうやりとりが意外に多くありました。私的には、かなり違和感を覚えるのです。

というのは、300万円の予算を組んでいて、150万円ですんだのならば、民間企業利場合は経費削減の観点で考えると、とても望ましいことのはずなのです。ところが、なんで行政の世界って、300万円の予算を組んだら、しっかり300万円を使おうと努力するのですかね(まぁ、こういう行政は少数になってきていると思いますが・・・)。

そもそも議員が質問すべきは、お金ではなく(300万円が150万円で済んだということ)、調査を委託し、その調査の中身について質問すべきなのです。ところが、そのときは、誰も中身については質問していない。ここにも、かなり違和感があるのです。

部長は、ちゃんと言い返したほうがいいですよね。「おいおい、300万円かかるところが、150万円で済んだんだぜ。貴重な税金が150万円も残ったんだぜ、なんか文句あっか」と。そして「そもそもつっこみどころが違うだろう。委託調査の品質について質問すべきじゃないのかねぇ・・・」と。

まぁ、部長は言えないと思いますが、こういう言えないところに、いろんな問題があるのですよねぇ・・・(そう言っている、私も言えません)。

|

« いただきました。 | トップページ | 違和感を覚える議会でのやりとり。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 違和感を覚える議会でのやりとり。:

« いただきました。 | トップページ | 違和感を覚える議会でのやりとり。 »