« ベルトをするのを忘れました。 | トップページ | 自主解釈権。 »

2013年5月11日 (土曜日)

ホテルの窓から。

13033


こちらのホテルは2度目の宿泊でした。地方都市の古いホテルです。ちなみに、この地域(地方自治体)には、宿泊施設がもう一か所しかありません。なので、ここで宿泊型観光誘客をしても、あまり効果がないのですよね(この自治体は、そういうことをしているというわけではありません)。

ところが、意外に、そういう自治体が多くて、宿泊施設がないのに宿泊型観光誘客したり、なかにはと長期滞在型観光誘客に取り組もうとしている自治体もあったりします。この辺が自治体の甘いところと思います(ただ、こうやってターゲットを考えるだけ、まだマシで、実は、何も考えずに観光誘客をしている自治体が多数です)。

こんな単純な発想で自治体が取り組んじゃうのは、たぶん、営業しなくても、税金がかってに入ってくるからだと思います。民間企業が、宿泊施設がないのに滞在型観光誘客したら、それは倒産に進むことになります。なので、かなり慎重に下調べをします(自治体でいう政策研究になります)。努力して、確実に売り上げを伸ばしていこうとするのが民間企業です。

ところが、自治体って、勝手にお金が入ってくるのだから、ちょっと甘いのですよね。この点は、よく指摘されることですが、ここを変えないといけないような気もします。

|

« ベルトをするのを忘れました。 | トップページ | 自主解釈権。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホテルの窓から。:

« ベルトをするのを忘れました。 | トップページ | 自主解釈権。 »