« 食を活用した地域おこし。 | トップページ | 政策は「前」より「後」が大事です。 »

2013年5月22日 (水曜日)

咳やこんこ。

今年も、咳が止まらない日々になりました。通院しても、異常nothingで、一応出された薬を飲んでも、改善されません。寝ている時や黙っていると咳はでないのですが、話し出すとコンコンと咳が出ます。

 

しかも、先週から、講演や研修の機会が増えてきたので、ちょっと周りに迷惑です。たぶん、周りは「あいつは、風邪菌撒き散らしているのではないか」なんて気を悪くされていると思います(すみません)。けど、何も撒き散らしていないのです。咳を介して息をしているという感じです。さすがに、講演や研修で呼ばれて、終始、黙っているわけにはいかないので、困っちゃいます(そういや、今日も、基調講演だ・・・。ずっと黙っていようかな・・・)。

 

私は色白で(むしろ青い)貧弱体型なので(実際に貧弱)、その視点で捉えると、コンコンと咳をしている姿がさまになっています。自分で言うのもなんですが、コンコンとして咳をしている姿には自信があります。さらに、薬なんか飲んでいる姿は、ある意味、芸術的じゃないかと勝手に自負しています。

 

咳をコンコンしていると、脳裏にうかぶのが「雪やこんこ 霰やこんこ。 降つては降つては ずんずん積る」という童謡です。こんことは「来ム来ム」であり、「雪よ、もっと降れ降れ」が最初の意味であったと言われています。「咳よもっとコンコンでろ」じゃ、本当に困ってしまいます。はやくなおりたい・・・。

 

いずれにしても、今週の土曜日は、違う病院に行って、症状をみてもらおうと思っています。最近は、週末に病院通いが趣味になりそうで、このまま極めて、病院通いの論文などを書こうと思っています。

|

« 食を活用した地域おこし。 | トップページ | 政策は「前」より「後」が大事です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 咳やこんこ。:

« 食を活用した地域おこし。 | トップページ | 政策は「前」より「後」が大事です。 »