« 地方自治体におけるシティセールスの取り組み。 | トップページ | 「小都市」の能力開発と政策形成をすすめるヒント。 »

2013年10月11日 (金曜日)

シティプロモーション自治体等連絡協議会第2回全国講習会開催のご案内。

シティプロモーション自治体等連絡協議会第2回全国講習会開催のご案内です。

<開催日時> 2013年11月1日(金) 13:30~17:30 (13:00開場)

<会場>  新宿パークタワーN棟26階会議室「アテネ」            http://www.shinjukuparktower.com/access/

<内  容>今回は民間企業との連携による実例から具体的なノウハウの紹介を行います。

○地域特産物を活用した地域活性化実例      

(株)JTBコーポレートセールス 営業推進本部 ソーシャルソリューション地域交流推進局 地域交流事業統括チーフマネージャー (兼)観光開発プロデューサー  門脇 伊知郎氏

旅行者が旅先で一番こだわるコト、それは「食」ではないでしょうか? 地域ならではの「食」は、訪れた地域の文化を知る入口にもなります。    そして、どの地域にも存在する観光資源といえます。しかしながら、他の    地域と差別化ができない、域外への情報発信が難しい、域内消費が落ち    食文化が途絶えるなど、課題が多いテーマです。そこで、弊社と様々な取    組みで打開策を検討している地域をご紹介いたします。

○企業×地域イベント実例

(株)JTBコーポレートセールス 第五事業部副事業部長 松岡 徹氏  

生活者の商品やサービスに対する要求がより個別化、多様化される中、企業も様々な工夫をしてターゲットにアプローチを試みています。また、旅はもとより生活空間から異日常・異空間に移動することで人の情報吸収力は向上します。強いコンテンツを活用した地域とのコラボレーションの実例を取り上げて、企業側から見た地域の魅力についてお話しします。

○シティープロモーションにおけるソーシャルメディアの活用  

ユニークビジョン株式会社 代表取締役社長 白圡 良之氏

企業では、消費者のニーズを「直接」くみ取り、自社の姿勢を「直接」伝えること のできるソーシャルメディアの活用が進んでいます。TwitterやFacebookなどの ソーシャルメディアには、マスメディアにも匹敵するほどの生活者が参加しており、 人々の判断に多大な影響を及ぼし始めました。ソーシャルメディアの活用方法と自治 体での活用例をご紹介いたします。

<定   員>  40名様(ただし、先着順の受付とさせていただきます)

<参加費 > 

シティプロモーション自治体等連絡協議会会員 ・・・無料           

オブザーバー会員・・・3,000円           

一般参加者・・・5,000円           

※参加費は当日、受付で現金にてお支払ください。

<参加申し込み方法> 

参加ご希望の場合は、下記の「お申込みフォーム」にてお申込みください。       

※受講票等の発行はいたしません。当日は直接会場受付にお越し下さい         (満員の場合は、別途ご連絡いたします)

<お申込み締切> 2013年10月25日(金)

≪お申込み・お問い合わせ先≫

シティプロモーション自治体等連絡協議会 事務局   〒163-1066 東京都新宿区西新宿 3-7-1 新宿パークタワー 27階 株式会社JTBコーポレートセールス 本社営業部 第五事業部 営業3課内 大塚/大堀/佐藤   TEL 03-5909-8760 営業時間:9:30~17:30 (土日祝休) 

|

« 地方自治体におけるシティセールスの取り組み。 | トップページ | 「小都市」の能力開発と政策形成をすすめるヒント。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シティプロモーション自治体等連絡協議会第2回全国講習会開催のご案内。:

« 地方自治体におけるシティセールスの取り組み。 | トップページ | 「小都市」の能力開発と政策形成をすすめるヒント。 »