« 自画像。 | トップページ | 行政評価を考えてきた。 »

2014年3月 9日 (日曜日)

行政評価を考えてきた。

いま三芳町の専門委員(行政評価担当)をしています。2年間にわたり、行政評価制度の再設計をしてきました。ここで「再設計をしてきました」と書いていますが、私は、ほとんど何もしていません。小林さんと山崎さんが、かなり労力を費やしたという感じです。

初年度は職員と一緒に進めて、2年目は試行のための委員会を立ち上げ、住民の方も交えて、再設計に取り組んできました。その意味では、職員の方たちの活躍が大きかったです。私は、本当に、ただいるだけという感じです。今回、再設計もできましたし、私の役割は終了したと思っています。

個人的には、結構、おもしろい行政評価制度になったと思っています。まず、外部評価制度を導入した点です。外部評価は当たり前と思っているあ・な・た!実は、意外に外部評価を採用していないのです。社団法人地方行財政調査会「都市の行政評価の取り組み状況調べ(23.11.1現在)」によると、外部評価を導入しているのは、49.7%とのことです。私的には、内部評価だけでは、自己満足の評価であり、それは「やらないより、やったほうがいい」レベルと思います。

三芳町の特徴は、内部評価と外部評価を組み合わせ、バッサリと評価する点です。そのマトリクスは下記のとおりです。

11

黄色の部分は、内部評価か外部評価のどちらかで「×」がついたものになります。赤色は内部評価も外部評価もともに「×」がついたものになります。これは検討の余地はなく、原則、事業は終了にすべきでしょう。じゃ、黄色の部分はどうするか。この点を考える点に、三芳町の大きな特徴があると思っています。ちなみに、このようにマトリクス化して明確にした(見える化)点も、三芳町の特徴と思います。

今年度は施行的に行政評価を実施しました。赤色はなかったのですが、黄色は少しでてきました。そこでおもしろかったのは、黄色の多くの事業が、外部評価よりも内部評価のほうが、点数が低かったのです。この点は、副町長も指摘されていましたが、「意外」な結果でした(つづく)。

|

« 自画像。 | トップページ | 行政評価を考えてきた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行政評価を考えてきた。:

« 自画像。 | トップページ | 行政評価を考えてきた。 »