« 政策形成から行政評価まで。 | トップページ | 「ネ」委員。 »

2014年5月12日 (月曜日)

シティプロモーションはバブルかも。

以前、こちらで紹介しました、シティプロモーションの議員セミナーが、盛況のもと終了しました。ちょっと前は、同様なセミナーをしても、あまり反応がなかったのですが、今回は、大いに反応がありました(議員セミナーとしていますが、議員さんに限らず、自治体職員、民間の方もいらしていました)。

ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

ところで、やっぱ、シティプロモーションは、「バブル化しているなぁ・・・」と思います。

私が、はじめてシティプロモーションの論文を書いたのが2008年です。それから6年が経過し、かなりバブル化しつつあります。シティプロモーションに取り組む団体は、この傾向に注意して、地に足の着いた活動をしなくてはいけないと思っています。ちなみに、下のグラフは、シティプロモーション等に主要4氏での取り上げられた回数です。ここからも、バブル化が見て取れます。

05

シティプロモーションはなんでもありです。なんでもありだからこそ、取り組む団体は、それを、しっかりと定義づけする必要があります。定義づけすることにより、方向性(到着点)が見出せます。それが不明確なシティプロモーションは、やはり「偽装シティプロモーション」でしょう。ここが一番注意するところだと思っています。

|

« 政策形成から行政評価まで。 | トップページ | 「ネ」委員。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シティプロモーションはバブルかも。:

« 政策形成から行政評価まで。 | トップページ | 「ネ」委員。 »