« 理事者の福祉の増進じゃないのです。 | トップページ | 議員提案政策条例の進捗状況。 »

2014年8月16日 (土曜日)

「小」規模「多」機能って、ちょっと変なような気がします。

14081
某市議会からいただきました。早速、トイレに使っています。ありがとうございます。

最近、「小規模多機能」という言葉をよく聞くようになりました。たとえば【こちら】で使用されます。

「小」があって「大」でしょ。なんか無理しているような気がしていて、私は違和感を持っています。

例えば、「自治体職員を「半減」して行政サービスを「倍増」する」という感じですよね。これは無理があります。あるいは、「「小」食なのに「デブ」」という感じですよね。これって、きっとどこか身体が悪いんでしょうね。逆でもOKです。「めちゃくちゃ「大食漢」なのに「激やせ」」も、身体のどこかかおかしい可能性があります。

この真逆の組み合わせは、私たちの関心を集めますが、「なんとなく無理しているのじゃないかな」というのが私の考えです。無理しないで、身の丈に合って、一歩一歩、遅くてもいいから前進していくことが大事だと、特に政策づくりの現場に入って思います。

|

« 理事者の福祉の増進じゃないのです。 | トップページ | 議員提案政策条例の進捗状況。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「小」規模「多」機能って、ちょっと変なような気がします。:

« 理事者の福祉の増進じゃないのです。 | トップページ | 議員提案政策条例の進捗状況。 »