« やめよう飲酒運転。 | トップページ | 多様性豊かな地域社会を自分たちで育てるには。 »

2014年8月27日 (水曜日)

カリスマ公務員。

14082_2
先日、宿泊しましたホテルの窓からです。今月は、比較的、ホテル暮らしが少なかったのですが、来月は、かなりホテルで生活します。

先日、小堀さんにお会いしました。数年ぶりにお会いしまして、私が10年くらい前に視察に伺い対応していただいたときからのお付き合いです。人事評価ではカリスマ公務員というな存在でした。「でした」と過去形にしているのは、現在は、リタイヤしているからです。現在は、全国を研修、講演でまわっているようです。

以前は、カリスマ公務員が、各分野にそれなりにいました。電子自治体では廣川さん、議会改革(議会基本条例)では高沖さんなど、名前があがります。けど、それらの重厚長大な公務員がリタイヤし、最近は、あまりカリスマ的な公務員の名前を聞かなくなりました。

詳細は、今度、時間のあるときに、じっくりしっかり書こうと思うのですが、カリスマ公務員に共通することは、当たり前ですが、「しっかり考えている」ということです。そして「ブレない」という点も共通しています。また、国が上、自治体が下という意識はなく、むしろ、「国を変えてやる」という気概を持っています。

特に、カリスマ公務員と話していると、「自治体は自治解釈権を持っているのだから、独自に法令を解釈して」とか「過去の法令は時代に合わなくなっているのだから、時代に即した内容に変えて」という発言が出てきます。この発言は、ほぼ共通しています。

これからは、地方自治体が地方政府への変貌していく時代です。このような時代にこそ、カリスマ公務員が求められ、カリスマ公務員が当たり前になっていくのが求められると思います(そうなるように後方支援をしていきたいと思います)。

|

« やめよう飲酒運転。 | トップページ | 多様性豊かな地域社会を自分たちで育てるには。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カリスマ公務員。:

« やめよう飲酒運転。 | トップページ | 多様性豊かな地域社会を自分たちで育てるには。 »