« 首都圏と地方圏の意識の差。 | トップページ | シティマーケティング。 »

2015年2月13日 (金曜日)

当たり前ですが、シティプロモーションは手段です。

最近、いやにシティプロモーションの問い合わせが多いなと思いましたら、シティプロモーションで検索すると、私の名前もひっかかってくるようです。

Cp
私はシティプロモーションの専門家ではありませんので、びっくりです。私は、政策づくりの後方支援者と自認しています(しょせん、「なんちゃって」の域をでませんが・・・)。シティプロモーションは手段なのです。これを目的化しているところに、大きな間違いがあります。私は、「何を達成したいのか」を自治体職員と打ち合わせしながら、一緒に汗をかきながら政策づくりをしています。

シティプロモーションを目的化している自治体は、まずは「指針」や「戦略」といった行政計画を策定することに重きがおかれています。もちろん、行政計画を策定して、体系立てて進めることは大切です。しかし、シティプロモーションは、民間の活力(特にマスコミ)の支援を受けなくては成功しません。その点をほとんど考えていない自治体が多く、結果として、「指針はつくったけど、何も効果がない」という職員の自己満足的なシティプロモーションが多くあります。

まだまだシティプロモーションの夜明けは遠い・・・。夜明けを待っている間に、凍え死んじゃいますよ(「夜明けのこない朝はない」と言いますが、確かに自然の摂理から言って間違いないのですが、多くが夜明けの前に凍え死んだり餓死したりする現状があります)。

|

« 首都圏と地方圏の意識の差。 | トップページ | シティマーケティング。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 当たり前ですが、シティプロモーションは手段です。:

« 首都圏と地方圏の意識の差。 | トップページ | シティマーケティング。 »