« シティマーケティング。 | トップページ | 人口減少時代の単身社会を考える。 »

2015年2月15日 (日曜日)

住民を色分けするタックスペイヤーとタックスイーター。

私は花粉症の薬を飲むと、喉がカラカラになります。そんな状態で講演をすると、声がでなくなり、私的には結構大変です。が、フロアーにいる方のほうが、ますます聞きづらくなっていとると思われ、本当に申し訳なく思います。

ところで、不動産経済研究所の「FAX_LINE」に「住民を色分けするタックスペイヤーとタックスイーター」で寄稿しています

|

« シティマーケティング。 | トップページ | 人口減少時代の単身社会を考える。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 住民を色分けするタックスペイヤーとタックスイーター。:

« シティマーケティング。 | トップページ | 人口減少時代の単身社会を考える。 »