« 地方版総合戦略は政策力をあげるいい機会です。 | トップページ | 見栄をはってブラック。 »

2015年4月 9日 (木曜日)

地方人口ビジョンは盛って盛って?

15022

かなり前になりますが、こちらもいただいていました。ありがとうございました。感謝です。いただいた物を家においておき、出張にいくと、きれいになくなっています。不思議なことです。

今日は羽村市さんで、地方版総合戦略の打ち合わせでした。お願いしていたデータを作成していただき、それを資料として、意見交換しました。他自治体の状況などのデータも揃えてもらうと、結構、おもしろいことがわかってきます。たとえば、「T市は40歳くらいで、子ども2人くらいいる家庭が多く流入しているよな」ということがわかり、「たぶん、その背景には、駅前に、大型のマンションが分譲されたんだよな」と仮説したり、「H市は20歳半ばから30歳半ばの独身女性が流出している傾向が見て取れる」とかです。独身女性が多く流出している結果、合計特殊出生率は上昇しています(女性の高齢化もあると思います)。合計特殊出生率は上昇しているのに、生まれた子どもの数は減少しています(つまり母数が小さくなっている)。

そのほか、いろんな発見がありました。

三人よれば文殊の知恵と言いますが、みんなでワイワイガヤガヤ検討していると、いろんな発見があります。もちろん、提供されたデータだけでは、完全にわからないこともあるので、帰宅後、様々なデータを集めて、私なりに、いろいろと考えています。そして考えていると、こんな時間になってしまいます。

書かなくてはいけない原稿があるので、本当は、まずいのですが、ついついデータを見て時間が過ぎ去ってしまいます。

最近は、地方人口ビジョンや地方版総合戦略を検討する機会が多いので、他自治体の同様のビジョンや戦略を読んでいます。そうすると、結構、「人口を盛ってる」自治体が多いのです。もちろん、政策を実施すれば、人口が増加する可能性はありますが、「ここまで増えないでしょ」と思ってしまう地方人口ビジョンが意外にあります。

せっかく自治体は縮小都市を前提に基本構想などの行政計画を策定する機運が生まれつつあったのに、今回の地方創生により、縮小都市なんていう概念はふっとんでしまい、人口を盛って盛っての拡大都市路線を走っています。そういう自治体は、余計なお世話ですが、ちょっと心配です。

国は「人口を増やす」なんて言っていませんから。国は「1億2千万人が、このまま行っちゃうと8千万人になるところを1億人にとどめたい」と言っています(趣旨)。つまり、いまより2千万人は減るのです。ところが、人口を盛っちゃう戦略があるので、「大丈夫かなぁ」と勝手に心配してしまいます。

|

« 地方版総合戦略は政策力をあげるいい機会です。 | トップページ | 見栄をはってブラック。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地方人口ビジョンは盛って盛って?:

« 地方版総合戦略は政策力をあげるいい機会です。 | トップページ | 見栄をはってブラック。 »