« 朝日新聞にコメントしました。 | トップページ | 地方版総合戦略は政策力をあげるいい機会です。 »

2015年4月 7日 (火曜日)

ついつい桜ほ見に行ってしまいます。

1504
我が家の近所にある桜道です。花粉症は、一時に比べれば、大分よくなったのですが、いまいち仕事の波に乗れません。書かなくてはいけない原稿があるのですが、いまいち筆が進みません。3月中は出張が多く、4月になったら、今度は、打ち合わせばかりです。けど、その打ち合わせが意外におもしろくて、データを集めたり、整理したり、分析していると、すぐに数時間が経過してしまいます。

例えば、人口を維持したり、増やしたりするのは、やっぱ雇用の充実だよねとなります。じゃ、起業支援しようかとなったりします。そこで、先進事例の起業支援を探してきて、その自治体は、インキュベーション施設をつくって、しっかりと起業を後押ししています。「なかなか、いい事例じゃん」となり、その先進事例を参考に、うちでも起業支援しようとなります。

ところが、その自治体で起業した企業のその後を見てみると、もちろん廃業や倒産はあるのですが、順調に拡大していった企業は、その自治体を出て行っていたりします。というか、この事例が意外に多いのです。せっかく、起業支援で企業を育てても、大きくなっちゃうと、より市場の大きい東京都心部に移転していきます。そうなると、この起業支援って、結果的に、東京都の企業を育ててることになるよね、となります。

この現状を見て、ある意味、日本全体の底上げにつながるのだから、出て行った企業は別にいいじゃん、また新たに起業を後方支援すればいいじゃんという意見もありますが、やっぱり、腑に落ちないわけです。その自治体の税金を使って起業支援していて、税金を納めることができる規模になると、その自治体を出て行っちゃうのは、どうも納得できないわけです。

じゃ、どうしようかと、また、みんなでうんうん考えます。

そうなると、じゃあ、いま自治体に根をおろしている既存の企業を対象に支援して、いまより1人多く雇ってもらう政策を打てばいいんじゃないとなります。ということで、じゃあ、次回までに既存の企業の洗い出しと、その後、既存の企業に、どういう支援をすれば一人多く雇ってくれるのかなというヒアリングをしたり、先進事例を探そうね、という感じで、打ち合わせが終わります。

こんなことを、最近は、自治体の担当者と2時間くらいかけて、多方面から意見交換しているのです。また、帰ってから、いただいたデータを分析していると、いろいろとおもしろい発見があるのです。そんなことをやっていると、書かなくてはいけない原稿が遅くなっちゃうのです。

あと、やっぱ、桜を近くに見れると、ついつい見に行っちゃうのもいけないなぁ・・・と思います。時間的余裕はないのですが、心の余裕はあったりして(その結果、周囲に迷惑をかけているような気もするのですが)、ついつい桜を見に行ってしまいます。

0210
結局、先日の土日も、ほとんど仕事をしないで、のんびりしてしまいました。そろそろ気合いを入れなおして、原稿を書いていこうと思っています。

|

« 朝日新聞にコメントしました。 | トップページ | 地方版総合戦略は政策力をあげるいい機会です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ついつい桜ほ見に行ってしまいます。:

« 朝日新聞にコメントしました。 | トップページ | 地方版総合戦略は政策力をあげるいい機会です。 »