« 自治体職員の感度の差。 | トップページ | 73→76→79と41→39→37という数字。 »

2015年6月18日 (木曜日)

地方圏で相次ぐ入札不調。

15060_3
今夜の食事です。最近はコンビニ弁当が少なくなり、出張先でラーメン屋(チェーン店も含む)を見つけては、ラーメン+チャーハン+餃子のセットばかり食べています。今のところ、私は食に関心がないので、食を考える時間がもったいないので、コンビニは唐揚げ弁当、ラーメン屋は上記のとおりと決めています。ので、食に悩むことはまったくありません。

また地方創生の話なんですが、最近は、地方版総合戦略の策定支援に関して、入札不調が相次いでいます(企画コンペの不調も含む)。特に、地方圏で多いような気がします。その理由は、もうシンクタンクやコンサル会社などはいっぱいいっぱいで、これ以上は動けないという状況だからです。そこで、私のところに、よく相談がきます。

私の関係のあるシンクタンクやコンサルタント会社に、可能性や意向を確認しているのですが、基本はNGです。もう動けないということです。特に地方圏は、行くまでに時間がかかりますし、いろんな意味でメリットが感じられないということです(受託して、行っても、会社としてはデメリットにしかならないということです)。その断る理由は、よくわかります。

今年度の私は、意図的に地方圏を増やしました。ただやっぱり遠くて、最寄駅からタクシーで片道1万円とかもあります。しかもPHSが通じなかったり、ネット環境がなかったり、国民宿舎に泊まったりして、とても仕事ができる環境ではないということです(国民宿舎は、ネット環境が整備されていないため、結局、ビールを飲んでテレビを見たり、一緒に泊まっている他人と飲み明かしたりしている私に問題があるのですが・・・)。

そう考えると、入札や企画コンペの不調の原因は、よくわかります(不調なのは、1社も応募がないということです)。

ここは意識を変えて、「外部に依存せず自前で作ろう」という発想に変えたらどうでしょうか。そうすることにより、今年度は大変と思いますが、長期的にみるとプラスに作用していると思います。

大変とは「大」きく「変」わると書きます。入札や企画コンペの不調を契機に、大きく善く変えていくように進んでいけばよいと、勝手に思っています(が、やはり外部の力を借りたい自治体は、私に連絡くだされば、探してみます)。

|

« 自治体職員の感度の差。 | トップページ | 73→76→79と41→39→37という数字。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地方圏で相次ぐ入札不調。:

« 自治体職員の感度の差。 | トップページ | 73→76→79と41→39→37という数字。 »