« 職員、首長、市民の関係。 | トップページ | 希望子ども数の誤謬。 »

2016年2月22日 (月曜日)

ホテルの窓から。

16012


今回のホテルの窓からは、こんな風景です。ちなみに連泊です。この駅は、もっと大きいかと思っていましたが、よく見ると、そんなに大きくありませんでした。人の記憶って、結構曖昧ですね。

先週は、私が座長をしている審議会が相次いでありました。夜に開催したり、休日に開催したりと、委員の皆さまには、大変にご迷惑をおかけしました。

一つの審議会は、紛糾する雰囲気があり、やはりやや紛糾しました。紛糾は別にいいのですが、座長として、ちゃんとまとめなくてはいけません。そんなことも、やはりストレスになっているのでしょうか。十二指腸潰瘍の一つの原因かもしれません。

ちなみに、私のスタンスとしては、紛糾してもよいと思っています。だって、私が怒られているわけではないですから。委員も怒りたくて怒っているわけではないと思います。見る立場によって違って見えることが多々あります。そんなことから意見があわず、厳しいやりとりになることもあります。でも、双方の妥協点を見出して、妥当なところで着地しなくてはいけないと思っています。この妥協点を見出すのが腕の見せ所と思っています。結果的に、いい所に落ち着いたのではないでしょうか(自画自賛かもしれませんが)。

十二指腸潰瘍と診断されてから、胃がいまいち痛く感じます。て優香、どこが十二指腸かわかりません。最近は、十二指腸潰瘍をネタにして生きています。

|

« 職員、首長、市民の関係。 | トップページ | 希望子ども数の誤謬。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホテルの窓から。:

« 職員、首長、市民の関係。 | トップページ | 希望子ども数の誤謬。 »