« 私の名は・・・。 | トップページ | 返杯は先着3人まで。 »

2016年6月30日 (木曜日)

シビックプライドに思うこと。

16060
少し前になりますが、いただきました。ありがとうございました。左は食べてしまいましたが、右はまだ残っています。近日中には、この世からなくなると思います。感謝です。

 

ここ最近は、シティプロモーションやら地域ブランドに関して、いろいろと書いたり、考えたりしています。 その背景にあるのは、たまたま取材が多かったり、この内容で講演依頼があったり、私の関わっている自治体が 地域ブランドの構築に取り組んだりしているからです。

 

そんなこともあり、執筆依頼も増えており、いま一つひとつ丁寧に考察しているところです(丁寧に取り組んでいる「つもり」です)。

 

上記に関連して、シビックプライドもあります。 しばしばシビックプライドの醸成は、市民の転出活動を抑制すると指摘されます。 自治体の中には「地域での一体感が増す」や「市民参加や協働が進む」などをあげる場合もあります。 私は「本当にそうかなぁ」と思っています。

 

シビックプライドを測定するため、市民に対して「市に愛着をもっているか」や「今後も市に住み続けたいか」などの複数の設問の数値を集計して算出する手法があります。このシビックプライド指数が高い自治体ほど、人口の転出 が留まると言われています。

 

で、この指数が高い自治体を20もってきて考察を進めると、たとえ「今後も市に住み続けたいか」が高い自治体でも、 転出が拡大している傾向があります。その意味で「シビックプライド指数が高い自治体ほど、人口の転出が留まる」 という点は、必ずしも当てはまらないかもしれません。なお、サンプルは首都圏の20自治体だけなので、もう少し検討する必要はあると思っています。

 

シビックプライドは、もっと別の効果があると思います。しかも、その効果が「見えない」ことが多いのです。シビックプライドを転出抑制だけに注視する自治体は、ちょっと違っているような気がするのです。

 

ちなみに、シビックプライドをはじめカタカナ表記は、マジックワードの場合が多いのです。マジックワードとは直訳すれば「魔法の言葉」となります。人をあたかも魔法を使ったように思うように動かすことができる特別なキーワードを意味します。魔法とは「人間の力ではなしえない不思議なことを行う術」です。しかし世の中には魔法はありません。魔法に期待することなく、現実を直視し自身の力で一歩一歩進んでいくことが求められます。

|

« 私の名は・・・。 | トップページ | 返杯は先着3人まで。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シビックプライドに思うこと。:

« 私の名は・・・。 | トップページ | 返杯は先着3人まで。 »