« スピードの差。 | トップページ | 20年の付き合い。 »

2016年9月 6日 (火曜日)

失敗から学ぶ。

16080


先日、宿泊したホテルの窓からです。こちらは、5年くらいまでは、かなり頻繁に泊まっていました。けど、最近は、年に1回泊まればいいほうです。そのためポイントカードが、あと少しで大台にいくのに、なかなか到達しません。

政策づくりの後方支援を進めていると、私の言ったことが伝わっていないことが多々あります。例えば、アンケートの結果を活用して、政策をつくる時は、①母数を確認してね、②サンプルも確認してね。③調査実施機関もチェックするんだよ、と伝えたはずなのに、完全にバイアスのあるアンケートを活用して政策案を考えています。当然、バイアスがあるアンケート結果を活用しているため、つくりだした政策案に、当事者が自信が持てない状況にあります。つまり、政策案に無理が生じているのです。

基本的には、私は当事者の自主性に任せています。が、やはり、大きく違う方向に行き始めたら、適度につっこんでいくということをします。この適度につっこむことが多い先週でした。ただ、適度につっこむと、結果的に私が考える方向性に誘導している可能性があります(極力、誘導しないように意識していますが、「絶対、誘導してない」とは言えません。この点は難しいところです)。

アンケート結果のバイアスに気が付かないのは、経験の差も大いに影響しています。ので、ある程度は「仕方ないなぁ」と思っています。今回の経験として、今後、気が付いてもらえればと思っています。ちなみに、私は、政策づくりの現場に入り、約20年が経とうとしています。過去、私も経験が浅いときに、同じような失敗をしました。その失敗から多くを学び、今日があると思っています(が、相変わらず失敗することもあり、打率的には3割程度と言う感じです)。

ところで、先週までは、かなりの距離を移動していたのですが、大阪で飲んで最終電車で高知に入るとか、磐田で飲んで最終電車で大阪に入るなどという、現地で飲み最終電車で翌日に場所に入るなんてことをやっていたら、体調がいまいちになりました。若くはないということを、秋の気配とともに実感する日々です。

|

« スピードの差。 | トップページ | 20年の付き合い。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 失敗から学ぶ。:

« スピードの差。 | トップページ | 20年の付き合い。 »