« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月26日 (月曜日)

今年の反省。

16112

ちょっと前になりますが、いただきました。ありがとうございました。感謝感謝。

この連休は、ほとんど何もせず、のんびりしていました。日曜日の夕方から机に向かい仕事をしましたが、それまではまったく仕事はしませんでした。極めてまれなことです。年末なので、今年の反省をそろそろしようと思っています。

今年は、昨年以上に地方徘徊が多い日でした。来年も2月までは全日うまっています。「呼ばれるうちが花」とは思っていますが、現実的には大変な日々です。

私は大きい意味の地域づくりが仕事になります。関わる地域は、できるだけ好きになろうとしています。ただ実際は、なかなか難しいものです。やはり生まれ育った地域が好きです。けど、その地域を好きにならないと、私の仕事は他人事になってしまいます。それでは関わる地域に失礼です。

なので、いつもこんなふうに捉えています。①私は一緒に仕事をしている人が好き。②その一緒に働いている人が、きっと、自らが勤務しているその地域が好きである。③その一緒に働いている人が好きな地域は、直接的にはすきなれないけど、私が好きな人が好きな地域ので、私は頑張る、という感じです。やはり大好きは地域は、自分が住んでいる地域です。大好きだから引越ししないのだと思います。けど、その地域を好きな人が私は好きなので、今日も頑張ろうと生きています。

ところで反省ですが、関わる地域を多くしてしまったことです。私の能力を10とすると、2地域が対象の場合は、私は1地域あたり5の能力を投下できます。そして関わる地域が増えて、5地域が対象になると、一つの地域あたり私の能力は2に減ってしまいます。そのため私が当初予定したところまで、到達しないことがでてきました。この点は、私の大きな反省点です。そんなことを連休に考えていました。

いくつか成果が出始めていて、自律的に回りつつある地域もあります(要は、私は必要ないということです)。少しずつ、そのような地域からは私は撤退していく時期にきているのだと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金曜日)

ホテルの窓から。

16111

先日宿泊したホテルの窓からです。ようやく本日で、今年のホテル暮らしが終了しました。来年もホテル暮らしを頑張ります。

「バカボンド」を1~37巻まで買いました。年末年始は、それを読みつづけようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月22日 (木曜日)

街頭演説。

1611

先日、いただきました。ありがとうございました!

ところで、選挙が近くなると・・・、急に、街頭演説が増えてきます。

これってどうかなぁ・・・と毎回思います。そして選挙が終わると、多くの(当選した)議員は街頭演説を辞めてしまうし。

この一時のパフォーマンスで票を入れてしまうことにも問題があるとは思いますが。といって、どうやって議員の活動を測ったらいいか、いまいちわかりませんし。

来春以降、この点は研究の一つとして取り組んでいこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月21日 (水曜日)

「?」と思う査読論文。

16110

今回のホテルの窓からは、こんな感じです。最近も、ホテル暮らしを続けています。

ところで、学会から査読論文の審査員をいくつか頼まれています。最近は「?」と思うことがあります。

というのは、情報系の学会なのに、文化人類学的な論文を査読するわけです。一読しても、情報学に関する内容はまったくなく(書いた当人は「ある」と思っているかもしれませんが)、延々と定性的な研究となっています。正直、「?」となりました。応募する学会を間違えているのではないでしょうか・・・。

上記の「?」は、今回の1件だけではなく、もう一つの査読論文もそうですし、過去も何回かありました。査読論文に応募する際に、一度、誰かに確認してもらったほうがいいと思います(自分は「あっている」と思っているので、第三者の誰かに確認してもらうことです)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月20日 (火曜日)

「Up or Out」と「Publish or Perish」。

16111

こちらもいただいていました。ありがとうございます。皆さんからの頂き物により、何とか生きているという感じです。感謝感謝。

コンサルティング業界では「Up or Out」という考えがあるそうです。「コンサルとしての実績を残し、昇進できなければ辞めろ」という感じでしょうか。私が所属しているシンクタンク業界も、この「Up or Out」は当てはまると思います。シンクタンカーとして実績が残せなければ、去るのがベストと思います。

↑は、言い方はきついですが、実績が残せないということは、その業界に向いていないことであり、本人にとってもいい選択とは思えません。新しい世界に行ったほうがいいかもしれません(そのほうが、その人の能力がいかせるかもしれません)。また、雇うシンクタンクにとっても、実績が上げられない人は(実績は売上と捉えてもよいと思います)、組織にとって、決してプラスではないため、去ってもらいたいと考えるでしょう。

同時に、シンクタンクの場合は「研究員」ですから、「Publish or Perish」も当てはまると思います。この言葉は研究者を対象としており、「出版せよ、そうでなければ去れ」という感じでしょうか。研究業績を上げれない人は、研究者を辞めなさいということです。


そう考えると、民間シンクタンクは「Up or Out」と「Publish or Perish」の双方を追い求めなくてはいけないので、大変だなぁと思います(弊所は一般財団法人ですが、売り上げをあげなくてはいけません)。

私に当てはめると、及第点と自認しています。毎年、ある程度の売り上げは確保していますし、研究業績も上げています(査読論文は数年に1本と少なくなりましたが、対外的に発表する論考は、それなりにあると思います)。今後も、「Up or Out」と「Publish or Perish」の達成に頑張ろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月19日 (月曜日)

ややウケと無反応。

16110

こちらも、ちょっと前になりますが、いただきました。わざわざお贈りいただき、ありがとうございました。この後、水ナスが届いたのですが、写真に撮る前に、食べられていました(最近は、気が付いたらなくなっているということが多々あります)。

先日は、関西で研修講師をした翌日、東北で研修講師をする機会がありました。たまたま同じテーマでしたので、ほぼ同じ教材を使用しました。改めて実感したのですが、同じことを話しているのに、関西と東北では反応が違うのです。

関西ではまぁまぁウケた内容だったのに(講義中に笑いがとれる)、東北ではまったくウケません(講義は無反応)。やはの地域により、住民(職員)の特性は違ってくると実感しました。さらに気になっているのは、特性が違ってくるので、政策の色も違ってくるのか?ということです。この点は、今後、ちょっと調べてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月18日 (日曜日)

自治体は「地方政府」としての気概をもて。

16103_3

こちらも、以前、いただきました。ありがとうございました。今年も、たくさんいただきました。感謝です。

ところで、「自治体通信」という雑誌に、標記で寄稿しています。以前から、私が講演などで話している内容になります。私は、まだ現物を拝見していないのですが(たぶん、研究所に送られているが、私が研究所に出社できていない)、何人かから「記事みたよ!」というメールをいただきました。

気概とは「困難にくじけない強い意志・気性」という意味があります。まだまだ法的に地方政府は実現しませんが(自主司法権がないし)、気概として「地方政府」を感じることは大切と思っています。

また機会があれば、いろいろと寄稿していきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月17日 (土曜日)

いただきました。

16103_2

いただきました。こちらも、やや前になります。ありがとうございました。来年度も、そちらに伺いましたら、懇親会をしていただけると幸いです。

ところで、最近は、講演依頼のペースが、少し弱くなった気がします。

その理由を考えると、以前は、ホームページがあったので、そのホームページを通じて、講演依頼がちょくちょく来ていました。ホームページに、私の連絡先を記してあったのです(メアドと職場の電話番号)。

ところが、ホームページがなくなったことにより、この依頼が少なくなったような気がします。そのため3月以降は、まだ予定が空いています。また、この観点で考えると、講演を依頼する側は、「とりあえず、捕つかりやすい人」に依頼していると考えられます。

一方で、最近は、「出版社にM上席の連絡先を聞いて」とかが増えてきました。この観点で考えると、出版社に迷惑をかけているので、やはりホームページは必要だなぁ・・・とも思っています。

ホームページは近々、開設する予定です。いま、いろいろとリサーチしているのですが、立ち上げはもとより、維持管理に、意外に費用がかかるのですね。けど、ホームページは大切と思っているので、今年度中には立ち上げたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月16日 (金曜日)

いただきました。

16103

かなり前になりますが、いただきました。ありがとうございました。既に食べてしまいました。

相変わらず、ホテルくらいの日々です。私以上に、もっとホテル暮らしをしている人がいますが、私は4泊が限界で、5泊以上になると、さすがに疲れてきます。同じ場所で連泊ならば、まだましですが、大阪泊まり、愛媛に泊まり、宮城に泊まるなんていう日々なので、疲れて(廃れて)きます。

最近は、土日がくるのが待ち遠しくなってきました。毎日が土日になるとよいなぁ・・・と考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月15日 (木曜日)

観光振興の目標は何でしょうか。

16102_2

別の日は別のホテルに泊まり、今回のホテルの窓からは、こんな感じです。さすがに一週間近くホテル暮らしがつづくと(しかも連泊ではなく、あっちこっち回る)、疲れてきます。私は、仕事の関係で、そういう状況になっていますが、なかには本業を持ち、本業とは別に「講演100回」とか「セミナー講師150回」とかやる人って、すごく超人的と思います。

今年度は、観光振興にも取り組んでいます(プロモーションなどに関係して)。そこで考えなくてはいけないのは、観光「客」を増加したいのでしょうか。 あるいは、観光消費「額」を増加したいのでしょうか。これは重要です。この目標設定により、プロモーションやマーケティングの方向性がぜんぜん異なってきます。

もし、観光消費「額」を増加させたいのならば、観光客数はそのまま で、落とすお金を増やせばいいわけです(そのほうが交通渋滞など 外部不経済が発生しにくいため、ある意味、効率がよいです)。 落とすお金を増やすためのしくみやしかけを考えていきます。さらに、新規観光客か、リピート観光客のどちらに絞るかで、 方向性が異なってきます。

これらの点が曖昧なままでの観光振興は、大きな成果を導出することはできないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月14日 (水曜日)

失敗するプロモーション動画。

16102

先日、泊まったホテルになります。今年度は、とりあえず、2月までは、ホテル暮らしが続くことになりそうです(3月は、現在ではホテル暮らしが少ないです)。

ここ数年は、シティプロモーションとか、公共マーケティングとか、地域ブランド戦略などに関して、問い合わせが増えるようになりました。私が専門と思っていることは、地域づくり全般でして、シティプロモーションや公共マーケティングなどは、めちゃくちゃ詳しいというわけではないのです。なので、問い合わせがあったら、その内容を確認し、私じゃないほうがいいと判断したら、それらの分野の先生方を紹介することが多くなっています。

ところで、プロモーション動画について思うことが多々あります。ほとんどのプロモーション動画が「製作すること」が目的となっている気がします。なので、 失敗するのです。プロモーション動画を製作して、定住人口や交流人口が増加したのは、少ない現状があります。


だいたい「プロモーション動画」という表現に問題があります。自治体が「プロモーション動画を製作しました!」というので、まさにプロモーションしているのです。プロモーションしているだけであり、プロモーションの先は考えてません。なので、成果が上がらないのです。


プロモーション動画と言わず、少なくとも「定住促進動画」とか「観光誘客促進動画」とすべきでしょう。つまり期待する成果から逆算して、成果のあがる動画を製作することも大切です。


少なくない自治体が、プロモーション動画が10万回再生されました!と誇らしげに宣伝していますが、確かにプロモーション動画という「プロモーション」の目的は達成しています。けど、その先にある定住人口や交流人口が減少していることが多々あります。まぁ、プロモーション動画をつくった自治体は、作ることが目的化していることが多々あるので、それはそれでよいのかもしれませんが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月13日 (火曜日)

予約時間。

16101

先日、宿泊したホテルの窓から景色です。こちらでの審議会は終了し、来年度まで集まることはないはずです。大過なく、無事に終わってよかったと思います。審議会をとおして、その自治体をよく考えるきっかけになったと思っています。

昔は寝る前にブログを書く習慣があったのですが、その習慣がなくなったため、なかなかブログが進みません。最近は、毎週、最低1万字前後の論考を書いています。そのほかメールをはじめ、たくさん文字を書いていると、ブログを書く気が失せるのと、ブログに書くネタもなくなります。

大したネタではないのですが、いま通院している病院の予約時間が10時だったので、9時30頃に病院に入り待っていたら、呼ばれたのが12時30分前でした。基本は怒らない私も、やや頭に来ていて、医者さんに「まったく予約の意味がないですね」と嫌味を言ったら、「だって、もっと重たい患者が入っちゃって・・・」とのことです。

しかも「次回も10時に予約しますが、時間通りに呼ばれないので、そのつもりで来てください」とのことです。まったく予約の意味がありません。そういう医者さんに接していると、胃が痛くなってきます・・・。胃潰瘍の原因が、この通院にあると実感した瞬間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 9日 (金曜日)

お世話になりました。

1610140842
先日、宿泊したホテルの窓からです。このホテルも、不満はありますが、選択肢がないので、ちょくちょく泊まるようになりました。

今日は、大阪で仲間たちと飲みました。帰り際に、油谷さん、古川さんにお会いできてよかったです。一緒に同じ山を登っので、私は勝手に思い入れがあります。また、多くの仲間に会えて、とても嬉しかったです。幹事の岡﨑座衛門さん、ありがとうございました。

結局、私の役割は「思い出づくり」なんだと思っています。私の経験ですが、思い出がたくさんある人のほうが強いです。頑張れます。その思い出を糧にして、前進していくのだと思います。いかに「思い出」をくれるかが、大切なんだと思います。

今年度は、岡﨑座衛門さんの全面的な後方支援を得て、思い出が創れました。記して、岡﨑座衛門さんには感謝です。

(私は死ぬ気はまったくありませんが)私が残せることは、「思い出」だけです。今年度は、「思い出づくり」という観点では、今のところ、よかったと思います。ただ、思い出も、だんだんと色あせてきます。なので、定期的に、今日の飲み会のように、思い出をブラッシュアップしていく必要はありますね。岡﨑さんにかかっています。よろしくお願いします。

また2月に会いましょう。今日は、本当にありがとうございました。無事に新幹線に乗れ、深夜には帰宅できそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 8日 (木曜日)

『地方議員が開く「政策の窓」』を出版しました。

先日、『地方議員が開く「政策の窓」』(中央文化社)を出版しました。ご一読いただけると幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 7日 (水曜日)

もったいない人。

16111_2

かなり前になってしまいますが、いただきました。ありがとうございました。今年も、たくさんいただきました。私はいただく人、そして実際に食べる、使う人は別になります。

昨日のもったいない人ですが、こんなもったいない人もいます。「僕はマラソンに挑戦するぜ」と言っているのに、なぜか柔道に道場に通う人です。マラソンなんだから、私が「走ってきたら」なんて言うと、その人は「イヤ、まずは間合いをつかむことが大切だ」なんて言う人です。

これは、もったいない人というか、単なるバカです(私も、こうなっている可能性があるため、注意しなくてはいけません)。「歯が痛い」と言っているのに、なぜか肛門科に行くようなものです。

当人の中では、しっかり理論化されていて「マラソンは柔道だ!」になっていると思うのですが、その理論化が誰もわりません・・・。

なので、こういう人にも、私がしっかりと「そうじゃないよ」「間違っているんじゃない」と伝えているのですが、ある程度、年齢が言っていると、聞く耳を持ちません。この点は、私は反面教師にしなくてはいけないと思います。

いずれにしろ、本当にもったいないなぁ。間違った努力をしているなぁ・・・と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 6日 (火曜日)

もったいない人。

16111

ホテルの窓ではなく、某大学の校内です。非常勤講師として伺っていましたが、この場所にいくのはしばらくなくなりそうです。心機一転がんばろうと思っています。


私は、そんなに立派な人間ではないので、偉そうなことは言えないのですが、たまに「ああ、もったいない」という方に会います。つまり、間違った努力をしているのです。


間違った努力というのは、たとえば、野球でヒットを打って、三塁めがけて全力疾走しているという感じです。本来は一塁に走るべきなのに、なぜか間違っているわけです。当人は「いや、オレ、全力でやっているぜ!」なんて言ってきます。けど、全力で走っても、そもそも向かうべき方向を間違えているわけです。


当然、アウトになります。むしろ、守備妨害と勘違いされて、周りからひんしゅくを買うわけです。ところが、当人は、「なんで、オレ、全力でやっているのに、非難されなくちゃいけないんだ(怒)」と、キレるわけです。本当に、もったいないなぁ・・・と思います。


本当にもったいないので、私が「そこじゃない、走るのは右だ~!」と言うわけです。若い人(「その分野に造詣が浅い人」と言ってもいいかも)は、私の言うことを聞いてくれて、一塁に走り始めます。そして全力で走りぬきセーフになるわけです。努力が実った瞬間です。ところが、年がある程度いっている人は、私の大声の助言など、まったく聞く様子すらありません。そして、三塁を目がけて全力で走っていきます・・・。これは私も、そうなっている可能性があるわけで、注意しなくてはいけないと思っています。

本当に、もったいないなぁ・・・と思います。これは自治体政策においても、同様なことが言えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 1日 (木曜日)

12月になっちゃいました。

16111

気が付いたら12月に入っていました。ブログのネタはたくさんあるのですが、なかなかゆっくりと書ける時間がありませんでした。ちなみに写真は、先日、宿泊したホテルです。3泊連続でした。

書ける時間がなかったのは、昨年度以上に今年度は通常業務で激務ということと、それに加えて、図書の出版も3冊動いていました。今年度にかけて、順次、出版される予定です。

ちなみに今週は明日まで一週間、会社の休みをとり、自宅で、ずっと図書を書いていました。2週間ほど締め切りが過ぎてしまいましたが、先ほど、ようやく頂上が見えてきたという感じです。ので、やや落ち着いたので、ブログを書いています。

図書を書いている間も、2論文の依頼がありました。来年1月中旬までの締め切りです。一つは自治体シンクタンク、一つはシティプロモーションです。こちらは図書と比較すると、分量が少ないので、気持ちに、今は余裕があります。
ホームページがなくなり、なければないで、困っています。こちらは今年度中には、新しいホームページを立ち上げる予定です。

ぜんぜん更新していないブログにも、一定数は毎日閲覧があるので、今月は、時間をみつけて、どうでもいいことを書いていこうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »