« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月27日 (木曜日)

競争から共感へのシティプロモーション。

17041_2
自治体学会の『自治体学vol.30-2』に「競争から共感へのシティプロモーション」で寄稿しています。

今年度は、これを契機に、たくさん寄稿していきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水曜日)

アタフタの日々です。

17042_2

4月になったら少しは落ち着くかな…、ブログも昔みたいに毎日書けるかな…、と思っていました。が、むしろドタバタ、アタフタの日々です。気がついたら桜は散っていました。

転職したということもあるのですが、今までとは違う世界なので、いまいち慣れずにいます。細かい点で言うと、外線の発信の仕方をはじめ、すべてが新しいので、一つひとつ覚えている最中です。連休明けくらいにはペースをつかみたいと思っています。

ブログはなかなか更新できませんが、連載原稿はしっかり書き進めています(当たり前ですが)。今年度は、今まで以上に原稿を多く書いていきたいと、心の中では思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 6日 (木曜日)

公務員の異動は転職のようなものではないと思う。

17022
昨年度の終わる頃に、泊まったホテルの窓からです。その節はお世話になりました。

ところで、「公務員の人事異動は転職するのと同じ」という発言について思うことがあり、書くことにしました。たぶん、以前も書いたと思います。

上記の発言は、基本的にまったく違うと思っています(たまに例外はあると思いますが…)。 転職する人たちって、原則的に類似の仕事に転職します。今まで私は4回転職しましたが、その基本は調査研究関係です。

ところが、公務員は、まったくの異業種に転職するようなものです。通常の思考を持つ人ならば、そのようなキャリア形成(転職)はしません。例えば、タクシー運転手が税理士事務所に転職したり、マーケティングをしていた人がプロレスラーになったりするような転職です。稀にそういう人がいるとは思いますが、基本的に、そのような転職はしません。

さらに言うと、店頭で野菜を売っていた人が法律事務所に転職するとしたとしても、それは、その人の意志が入っています。自分自身でいろいろと考えて、まったく違う世界に飛び込むわけです。ところが、公務員の場合は、基本的に自分の意志は入りません。ある日、社長に呼び出されて、「君は今まで携帯の営業をしていたけど、今日でクビね。けど、仕事は探してあげたよ。明日から競輪選手をやってね」と言われて、突然、競輪の世界に飛び込み、筋トレをするようなものです。

なので、公務員はメンタルが強くないと大変だなぁと思います。ここに鬱になっちゃう原因も一つにあるんだと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月 5日 (水曜日)

データで知る!街の意外な魅力さがしのご紹介。

17030

こちらも、ちょっと前にいただきました。ありがとうございました。写真が斜めになり、すみません。

ところで、SUMOさんが「データで知る!街の意外な魅力さがし」をしています。その中に、私の関わっている(関わっていた)鎌倉市戸田市東大和市が掲載されています。ぜひ、ご覧ください。そういえば、吉川市も総計審の会長として関わっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 4日 (火曜日)

本当にお忙しい中すみません。

17022

かなり前の先日、いただきました。ありがとうございました。いつも感謝です。

ところで、ちょっと前の先日、ある自治体で研修講師をしてきました。時間になり、司会(自治体職員)さんが「時間となりましたので…」から、研修がはじまりました。

その司会さんが、こんなことを連発して言うのです。

「とてもお忙しい中、この研修に参加してくださり、すみません。」
「本当にお忙しいのに、わざわざ研究に来てくださり、すみません。」
「日常業務があるのに、貴重なお時間をいただいて申し訳ありません。」
「本当に、このような研修に参加してくださり、誠にすみません。」
等々…。

これから私が話そうとするのに、その前に、司会さんは、何度も「忙しい中、この研修に来てくださり、すみません」と言うものですから、なんか私がすごい悪い人のような感じになってきまして、私もとても恐縮して研修講師をすることになりました。

悪気があって、そう言っているのではないと思いますが、私的には微妙な研修時間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 3日 (月曜日)

東大和市は部署横断で職員が集まり“わがまちのPR方法”を立案。

170321

昨年度の仕事で泊まったホテルの窓からです。田辺さんにはお世話になりました。感謝です。前職場の最後の仕事(講演)が、田辺さん担当でよかったです。あと、邑上さんにも会えてうれしかったです。


今までは、調査と研究の活動が中心だったのですが、今後は調査が小さくなり、研究に加えて教育の活動が大きくなってきます。研究の前段階では調査もありますけど、まずは教育、その背景にある研究、そしてさらにその背景にある調査を頑張ります。


昨年度は、東大和市さんの政策づくりを後方支援をしました。様々な取り組みをしましたが、その一つが記事になりました。【こちら】にありますので、お時間のございます方は、ご一読ください。


東大和市さんは、ホップ・ステップときましたので、今年度はジャンプの年です。意外にジャンプが大変なのですが(一番力が必要)、今の東大和市さんなら大丈夫と勝手に思っています。


東大和市さんは、いま、とてもいい成果が数字で出ています。例えば、『平成27年東京都人口動態統計年報』(東京都福祉保健局)によれば、市の合計特殊出生率は1.67で、全国平均の1.45を大きく上回り、東京都26市では第1位です。


保育施設の待機児童は、平成28(2016)年4月1日現在は、たった7人です。


子育て世帯にとって子育てしやすい環境ということです。 また、これまでの取組を通じて、日経DUALと日本経済新聞社が共同で調査した「共働き子育てしやすい街総合ランキング」においては、平成27(2015)年度は都内で第5位、平成28(2016)年度は全国主要都市と都内を含めて第4位となり、子育てしやすいまちという評価を得ています。


私の持論は、しっかりやっていけば、結果はでると思っています。少しずつ、東大和市さんもいい結果がではじめています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土曜日)

以前のメールアドレスはしばらく使えます。

170401

4月1日より、大学に着任しました(准教授)。私の研究室の窓から見える景色です。ブログも「M准教授の日記」に変更します。私はITスキルがないため、いまいち変更の仕方が分からず、困っていますが、近日中に変更します。

新しいメールアドレスは分かりません(既にもらっているのかもしれない)。前職場のご厚意により、しばらくは使えるようなので、そちらに連絡ください(ここ一週間は、その問い合わせが多かったので)。

話は変わります。かなり前ですが、ある大学の学長から口頭で内定をもらい、その後、給料などを記した条件が送られてきました。で、指導教授や家族などに、大学に転職する旨を伝えました。とても指導教授は喜んでくださり、指導教授孝行ができたと思いました。

が、その2週間後に、その大学の学部長から電話があり、「内定はなし」と一方的に言われました。私は、前職場に辞表をだしていなかったので、「まぁ、今のところに残ればいいし」とか、「縁がなかったな」と思い、そんなに気にせず、「こんなことってレアケースなんだろうな」と思っていたら、意外に多いようです。ここに【まとめ】があります。最近、話題になっています。

というわけで、今日、辞令式のあった上の写真の大学も、今日になるまで「本当に採用されるのかな」と思っていました(ちなみに、正式な内定通知はいただいています)。無事に辞令をいただき、ようやく実感しました(前職場には、そういう経験があったので、ギリギリまで「退職願」は提出しませんでした。さらに「退職届」とは書かず、予防線をはって「退職願」で提出しました)。

で、その突然「内定はなし」と言われた件です。私はそんなに気にしなかったのですが、指導教授が大変に落ち込んでいる様子が電話口で伝わってきました。それが、とても悲しくといか、悔しくというか、なんとも言えない気持ちになりました。それが、今でも、ある意味、後悔として残っています。結果的に、その突然「内定はなし」と言ってきた大学よりも、今の大学がよかったのですが・・・(よかったというのは、条件などすべてにおいてです)。

今まではシンクタンク人だったのですが、今度は完全に大学人になります。ので、学生第一の教育と、教育の背景にある研究もしっかりやっていきたいと思います。このブログも、真面目なことを書きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »