« 弱冷房車の不思議。 | トップページ | 子育て充実って人口維持できるのかな。 »

2017年8月11日 (金曜日)

戸田市の奇跡。

17062

先日といっても、ちょっと前になりますが、いただきました。ありがとうございました。来月に伺いますので、よろしくお願いします。

昨日は都内でセミナー講師をしてきました。口内炎が5箇所あり、いずれも大きいので、口を動かすと痛くて困っています。ただでさえ活舌が悪いのに、ますます悪くなっているのは間違いないので、受講生の方にとってみれば「なんじゃこりゃ」と思っているのではないでしょうか。

口内炎は、特に食事のときが大変です。食欲はありますが、痛くて、食べる気持ちが失せてしまいます。こちらも十二指腸潰瘍などに起因しているのでしょうか・・・。

昨日のセミナーで戸田市の自治体運営の話を聞きました。この十年間では、戸田市は、行政の世界では知名度をあげてきました。それは革新的な政策を生んでいるからです。しかも、その多くが成果を残しています。まさに新規性が新機軸を生み出したといえます。そして、私は、この状況を「戸田市の奇跡」と称しています。

開発経済学の分野には「東アジアの奇跡」という言葉があります。この言葉は、1993年に世界銀行が発表したレポート『東アジアの奇跡-経済成長と政府の役割』によります。同レポートは、東アジアの国々が急速な経済成長を遂げた現象の分析になります。その急速な経済成長を「奇跡」と称しています。

奇跡とは「常識では考えられないような不思議なさま」という意味があります。この奇跡の背景には、戸田市のしっかりとした政策研究があります。その政策研究の重要性を、昨日のセミナーでは訴えていました。この奇跡を過去形にすることなく、今後も持続的に進めていかかがポイントと思っています。この持続性を担保するのも、やはり政策研究と思います。

|

« 弱冷房車の不思議。 | トップページ | 子育て充実って人口維持できるのかな。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173108/65649789

この記事へのトラックバック一覧です: 戸田市の奇跡。:

« 弱冷房車の不思議。 | トップページ | 子育て充実って人口維持できるのかな。 »