« 2017年8月 | トップページ

2017年9月

2017年9月24日 (日曜日)

マジックワード(Magic Word)

マジックワード(まじっくわあど)

「魔法の言葉」という意味になります。あたかも魔法のように思うように他人を動かすことができる不思議な言葉です。多くの場合は意味が不明確です。そのため言葉を使用する者の考えにより、我田引水的に活用することができます。しばしばマジックワードは具体的な中身を伴わないと批判されます。

---

例えば「これからの時代はシビックプライド(都市に対する誇りや愛着)が必要だ」と言われれば、誰も反対できないでしょう。シビックプライドは合意形成しやすい言葉です。一方で「では、どうすればシビックプライドを高めることができるのか」と質問されると、明快な回答が見つかりません。
カナタナはマジックワード化しやすい傾向があります。自治体の政策を実効性あるものにしていくためには、マジックワードには注意する必要があるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月23日 (土曜日)

戦略性。

戦略性(せんりゃくせい)

「長期的、かつ全体的展望に立った計画と実践」


---
自治体政策学に戦略性とは、上記に集約できそうです。ただし、もう少し検討していく必要がありますが・・・。

ポイントは計画と実践です。ところが、この計画と実践がリンクしていないことが多々あります。それは実践を見据えた計画ができてないことによりますし、実践は計画を意識しないで動いているからと捉えています。

なお、余談ですが、しばしば「政策づくりにはPDCAが必要だ」と 言う人がいます。それは「厳密に言うと違います。 「①計画」(Plan)の前に重要な取り組みがあります。それ は「データ分析」(Data Analysis)です。さらに言うと、デ ータ分析の前には「データ収集」(Data Collection)が求められます。

データ収集とデータ分析があって、それを根拠にした計画(政策づくり)が求められるのに、データ収集とデータ分析が脆弱な状態なので、計画が曖昧になり、そして実践も効果がでないとも言えます。

重要なことは、企画部門の強化です。これにつきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水曜日)

110番ではなく119番です。

17082

先日、久しぶりに某学会に参加してきました。また少しずつ学会に参加して、知見を広めていきたいと思っています。

その学会でお会いした山口さんから、山口さんの奥さんが入院して大変だったという話を聞き、どかしら他人ごとと思って聞いていましたら、我が家の大蔵大臣も救急車で運ばれて大変でした。まさに明日は我が身です。

救急車が運ばれて、「じゃ頑張って」というわけにはいきませんから、すべての予定をキャンセルして、家に帰りました(キャンセルにより、ご迷惑をおかけして、すみません)。運ばれた大蔵大臣は、我が家の前に運ばれた病院があるので、様子見ということで、今は我が家に戻ってきています。

ちなみにトタバタしていまして、大学に連絡するのを忘れていて、委員会を欠席してしまいました。こちらもご迷惑をおかけしてしまいました。いろいろと反省することばかりです。

反省と言えば、大蔵大臣は、息絶え絶えで、なぜか110番したそうで、電話先から丁寧に「間違って、電話していますよ。あなたは119番です」(趣旨)のことを言われたそうです。また、救急車がきて、すぐに運ばれたのですが、目の前の総合病院(本当に目の前にある)に運ばれたため、「もう来たの?」(趣旨)と言われたそうです。

大蔵大臣も心配ですが、電話をもらったときに、私が気になったのは未就学児たちで、そちらをどうしようかと思いました。たまたま私は実家が近いので、両親に対応してもらいましたが、 実家が近くにいないご家庭は大変だろうなと実感したところです。こういうリスクは経験しないとわからないものです。

いろいろと勉強にはなりました(が、周りには大変にご迷惑をおかけしました。すみませんでした)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土曜日)

「地域包括ケアを実現する新たなまちづくり」 シンポジウムのご案内。

9月19日に、東京大学本郷キャンパス「地域包括ケアを実現する新たなまちづくり」 シンポジウムが開催されます。

私は、地域包括マッチング事業委員会の委員として参画しています(私以外の委員は重鎮ばかりです。間違って選ばれたとしか思えません)。いずれにしましても、ご関心のある方は、ぜひ、ご参加ください。詳細は【こちら】にあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 5日 (火曜日)

研修を実践に活用する。

17082

ホテルの窓からです。マッセOSAKAさんに行ってきました。私は「特別研修『政策形成実践研修』」を担当しています。しょせん、なんちゃって講師ですが、頑張っています。同研修は、府内市町村から参加した研修生が、特定自治体を対象に政策提言をするということです。

同研修の特長の一つに、①参加する職員さんに とっては、実効性ある政策提言が求められることにより、実践的な視点をもって研修に臨めるということです。同時に、②対象自治体にとっては、無料で、当該自治体を客観的に調査してくれ、しかも、財源の根拠をもった政策提言をもらえる・・・という意味で、とても安いシンクタンクという感じになります(安いというより無料ですが)。

デメリットをあげると、①研修生が何度か集まることにより、研修生にとって負担になる可能性があります(ただし、一時期は負担であっても、この研修で得るノウハウは、結果的に自信が担当する業務の効率化に結び付くので、中長期的にはメリットになります)。②事務局、対象自治体ともに、根回しなどの業務が負荷になる可能性があります(ただし、事務局は本来業務ですし、対象自治体は政策提言をもらえるということを考えるとメリットのほうが大きいような気がします)。こんなことがデメリットとして考えられます。

確かにデメリットはありますが、デメリットよりメリットのほうが多いので、全体的には実施したほうが良いと思います。多少のデメリットは、双方に発しますが、基本的には双方にメリ ットの大きい取り組みです。このような実践的な研修が、全国的に広がっていくとよいと思っています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月曜日)

本を出版します。

0804

連泊なので、昨日と同じような写真です。少し違っていると思います。

ところで、いま本を書いています。編著1冊、単著1冊、共著1冊です。編著と単著は8月末締切でした。編著は私の担当は終わっていますが、単著がまだ終わっていません。出版社さんにはご迷惑をおかけして、すみません。今週中には8割は終えたいと思っています。

共著の締切はしばらく先なので、いまは油断しています。

同時に、たまたまなんですが、今月は4雑誌から寄稿依頼がありました。いまいくつか連載も抱えているので、毎週2本ずつ、それぞれ1万字程度の論考を書かくなくていけません。テーマは、ある意味、バラバラでして、観光振興、シティプロモーション、自治体シンクタンク、議会改革などです。あと、今月末締め切りで、別に1本学術論文もエントリーしているので、そちらも、まとめる必要があります。

今年の夏は、「論文の夏」となりそうです。お声かけいただくうちが花なので、一部は、締め切りが遅れて、本当に申し訳ないのですが、頑張ろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日曜日)

肩に注射。

17083

こちらに連泊しました。こちらのホテルは、たぶん、昨年に泊まった時はwifiではありませんでした。けど、今年はwifiが整備されていました。近隣にホテルはないので、このホテルの独占状態なので、昨年までは「だから、wifiがないのだな…」と思っていました。なんの変化かわかりませんが、wifiがあって、とても助かりました。

森本さんと太田さんをはじめ、大澤さん、坂口さんには、大変にお世話になりました。ありがとうございました。特に日程調整で、坂口さんにはご面倒をおかけしました。すみません。来年はあるかわかりませんが、もしありましたら、日程は、今度は大丈夫のようにしたいと思います。

さて、右肩があまりにも痛いので、整形外科に行ってきました。今日は、まずは十二指腸潰瘍などの定期通院にはじまり、そのあと、別の病院の整形外科です。病院のはしごなので、おばあちゃんになった気分です(私の祖母が、そんな感じでした)。で、肩の痛みなんですが、レントゲンをとると、肩に小さな粒があり、お医者さん曰く、カルシウムが固まったものということです。それが神経にあたり痛いんだすよ、という趣旨でした。

2年前くらいから、少し痛くなり、その時も、同じ病院にいき、レントゲンを撮っています。確かに、丸い粒が大きくなっています。とりあえず、原因が特定できてよかったです。で、で、今日は、注射をして、薬を飲んで、様子を見ることになりました。肩に注射なんて、人生はじめてです。そして、私は注射は苦手なのです。基本入れるほうは大丈夫ですが、(血を)とるほうはだめでして、ほぼ貧血になります。ただし、私ははじめてに弱い人間です。

とても緊張し、倒れそうになりまたが、無事に注射は終わりました。肩に打つなんて慣れていないからですが、あれって痛いですね。

お医者さん曰く「一週間後も痛かったら、また来てね~」とのことだったので、しばらく様子見です。とりあえず、原因が、ほぼ特定できたので、よかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 2日 (土曜日)

非現実的なシティプロモーション。

17081

連泊です。というわけで、ホテルの窓からは、こんな感じです。ホテルに閉じこもる日々です。

最近は、シティプロモーションで呼ばれることが多くなっています。私を呼んでいだいている自治体には申し訳ないのですが、私はシティプロモーションの超専門家ではないのです。私は政策づくりの後方支援をしたいのです。けど、最近はシティプロモーションばかりです。

そのシティプロモーションですが、現実を見ているシティプロモーションの動きもあるのですが、依然として、非現実的なシティプロモ ーションも多いのです。「はっきり言ってあなたの自治体には、そんなの無理でしょう」ということがあります。そういう自治体は、やんわり断っています。

非現実的になる理由の一つに、自治体が策定した「地方版総合戦略」の存在があると思っています。 同戦略に、非現実的な目標人口を記しているため、それを達成するために、シティプロモーションも空回りしているという感 じです。この観点で考えると、地方版総合戦略を改定して、現実的な数字にすることが求められるかもしれません。そうすることが、シティプロモーションも現実的なり、実効性が担保されます。

あと、シティプロモーションで思うことは、ここで何度か指摘していますが、あまりにも成果のあがっていないシティプロモーションが多すぎるということです。結局は、担当者の独りよがりの自己満足的なシティプロモーションなのです。そういう自治体が、自治体系の雑誌などに「わが市のシティプロモーションはすごい」という趣旨で原稿を書いているので、個人的にはどうかなぁ・・・と思います。

どんなに実行したって成果があがらなくては意味がありません。この点は、しっかりと認識すべきと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 1日 (金曜日)

政策のストーリー性。

17081
最近は、コンビニ弁当を、結構食べています。昔(20年くらい前)も、ほぼ毎日、コンビニ弁当を食べていたのですが、そん時は、そんなにイヤじゃなかったと記憶しています。が、最近は、さすがに5日間くらい連続でコンビニ弁当だと、何となく、身体が受け付けなくなっています・・・。それでもコンビニ弁当の日々なのですが。

さて、まじめな話です。政策を成功させるためには「政策のストーリー性」が重要と、最近、特に実感しています。私のかかわった自治体の政策のすべてが成功しているとは言えなくて申し訳ないのですが、私がかかわって明確なよい成果を出している自治体は、政策にストーリー性があるのです。

ある自治体で、政策立案者と意見交換をすると、「いま考えている政策がこうなって、こんな感じで発展して、そしてこういうメリットがでてきて、定住人口に結び付く…。おもしろいでしょう」と言う発言を何度となく耳にします。この政策立案者とは、市長や副市長をはじめ、部長、課長、係長、担当職員までを意味します。担当職員も、目を輝かせて、自分が提案しようとする政策を述べています。

政策にストーリーを持たせることは、とても重要と、最近は強く実感しています。特にシティプロモーションは、ストーリーを描きやすい。シティプロモーションを成功させたいのならば、ストーリーを明確にし、かつ可視化することが必要と思います。

皆さんが考えている政策にストーリーはありますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ