« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火曜日)

美容やらファッションやらグルメなど。

17103

藤井寺市さんと朝田さんからいただきました。ありがとうございました。今朝は、ホテルの窓を撮影せず、ホテルを後にしてしまいました。失敗。

昨晩、藤井寺市で飲み、始発で大阪から大学へ。大学で打ち合わせをしたあと、某企業と打ち合わせ、その後、多摩市役所で会議に参加と、今日もドタバタの日々でした。なかなか机に向かう時間と、じっくりとインプットする時間がありません。

先日、指導教授に電話したら、「おい、研究しろよ」ととのことでした。本当に研究しなくちゃいけないと実感しています。

話は変わりますが、最近は、美容やらファッションやら、グルメなど、そっち方面からお声かけいただきます。私には、まったく縁のない世界です。

美容なんて、今まで一度もやったことないし(興味はあります)、ファッションなんて、まったく関心がないため、さらに縁遠い世界です。いまだに高校生の服を着ていますし(着れていますし)、スーツを買いに行っても、いつも「なんでもいいから2着ちょうだい」という感じで、店員さんの言われるままです。

グルメもまったく関心ありません。関心あると言えば、はやく食べるということです(ただしランチのみ)。お店に入り注文して食べてお店を出るまで10分以内にしたいので、いつも松屋か吉牛かマクドにしています。注文するメニューも大学の時から、基本は変わってません。

そんな私に、美容やらファッションやら、グルメなどの話がくるので、世の中もまだまだ捨てたものではないな…と思っています。

昨日の感想は、後日、書きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月26日 (木曜日)

ストレスチェック。

17090

先日といっても、ちょっと前ですが、宿泊したホテルです。この地域で、ここ一軒しかホテルがないので・・・なホテルです。

いま勤めている会社がストレスチェックを受けさせてくれるのですが、やってきました。ちなみに、過去4回転職してきて、ストレスチェックを受けるのは、初めてです。日々、ドタバタと働いているので、ストレスは溜まっているだろう・・・と思い、受けてみました。

診断結果です。

「あなたの心や身体にストレスの影響はあまりみられないようです。今のところ大きな心配はありませんが、心身の状態が悪化することを予防するためにも、日頃からストレスとその影響には注意を払いましょう」とあります。

さらに「あなたはストレスに直面した際に、問題の解決をあきらめてしまうことがあるようです」と明記されています。私の座右の銘に「だいとうそう」があります。この「だいとうそう」は「大闘争」ではなくて「大逃走」です。私は何かが起きると、一目散に逃げることを信条としています。

ところがストレスチェックの診断は、「しかし、問題事はなくなりません」と厳しい一言があります。この一言が私にとって、大変にストレスになります。確かに、逃げようとするのですが、結局、逃げ切れずにつかまって、泣く泣く対応する日々です。

十二指腸潰瘍をはじめ、多々、身体が不調をきたしているので、ストレスが多いと思いきや、意外に、ストレスは少ないようです。残念!

ストレスチェックって、性格診断テストみたいで、おもしろかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月25日 (水曜日)

西条市に行ってきました。

171025_0701

先日、西条祭を見に行ってきました。その際、西条市さんからカレンダー他をいただきました。ありがとうございました。早速、研究室に飾ってみました。感謝。

相変わらず、ドタバタした日々を過ごしているのですが、とりあえず、一つの山は越えたので、ちょっと余裕がでてきました。なので、「3×3EYES」を全巻購入し、いま読書しています。

私の頭が悪いせいか、10巻前後から話が複雑すぎてついていけなくなります。ので、何度も読み直しているところです。昔(高校時くらいか?)に読んでいた時のほうが理解できていた気がするのですが、実は理解していた気になっていて、心底分かっていたわけではないいのかもしれません。

今週は、私にとっては「3×3EYES」一色になりそうです(と、油断しているので、仕事が遅れていくのですが…)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月23日 (月曜日)

本を出します。

今年中に、編著(1冊)と単著(1冊)を出版します。原稿はすべて出版社にお渡ししているので(お渡しできたので)、あとは校正を待つだけです。もう1冊共著を出すかもしれません。

単著のほうは、出版社にご迷惑をおかけしました。ご迷惑というのは、原稿の提出が遅れてしまったことです。編著と単著を執筆する間にも(編著は間に合い、単著は遅れてしまったのですが)、8誌(紙)から寄稿依頼があり(こちらを優先させてしまいました、すみません)、4誌(紙)への連載もあり(こちらも優先させてしまいました、すみません)、そんなことで、原稿の提出が遅れてしまいました。申し訳ありませんでした。今回に懲りず、今後も、お声かけいただけると幸いです。

私は大学に移りましたので、学術的な論文も執筆していきたいと思っています(ちなみに、この間にも、1本学術論文を応募しました)。今年度の目標は、最低3本通すということです。なので、これから後半にかけて、より頑張ろうと思っています。

今日は、台風一過で、なんとなく晴れ晴れしているので(東北方面は大変と思います)、気持ちを新たに、また頑張ろうと思います。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月20日 (金曜日)

シティプロモーションの過去と現在と未来。

「シティプロモーションの過去と現在と未来-成果が問われる中で見えてきた三つの課題」というテーマで寄稿しました。

月刊広報10月号』((公財)日本広報協会)にあります。お手元にありましたら(広報広聴課にはあると思われます)、ぜひ、ご一読ください。

大学がはじまり、ますます忙しい日々を過ごしています。この前なんて、朝一のフライトで愛媛から帰ってきて、読売広告社で打ち合わせ、都内でマスコミと打ち合わせ、その後、90分かけて羽村市にいき打ち合わせ、そして、また90分かけて都内に戻ってきて厚労省の研究会に参加し、そのまま懇親会という感じで、正直、やばいと思いました。

そのな日々がつづいており、十二指腸潰瘍もムカムカしていて、大変でした。

ただ、「呼ばれるうちが花」なので、お声かけいただけるうちは、全力で何事も頑張ろうと思っています(全力でやっても、なかなか評価されるとは限らないので、現実は難しいなぁと実感しています)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月15日 (日曜日)

自治体議会改革は進展しているのか。

月刊地方議会人10月号』に「自治体議会改革は進展しているのか」というテーマで寄稿しています。ご一読いただけたら幸いです。

ちなみに、こんな内容です。↓

---

 「議会改革は進展しているのか」と尋ねられた時、読者はどのように答えるだろうか。読者が議員の場合は「議会改革は後退している」とは言わないだろう。多くは「いま議会改革に取り組んでいる」と謙遜し、あるいは「議会改革は確実に前進している」と胸を張って主張するかもしれない。

 「議会改革は進展しているのか」というテーマに関して、学識者間でも意見は分かれる。「まだ進展していない」とする者もいれば、「よくやっている」や「今後に期待したい」など多様な回答がある。  

 答えが異なる理由は「何をもって議会改革が進展しているのか」という共通した基準がないからである。また、議会改革の定義も千差万別である。様々な定義があれば、進展の度合いも異なり回答も違ってくる。そのような状況の中で、筆者の回答は「議会改革は進んでいる」と回答する。そして「議会改革は次のステージに入りつつある」とも指摘したい。  

 本稿は、筆者の観点から捉えた議会改革の現時点における評価である。また今後に向けた提案も記したい。本稿は読者に対する問題提起という意味がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 8日 (日曜日)

来て、見て、触って、楽しんで。

17062

かなり前になりますが、いただきました。ありがとうございました。

「転職したら、時間ができるかな…」なんて思っていましたが、昨年度同様に、あるいは、それ以上にドタバタした日々を過ごしています。出張は減ったのですが、今までとは違う仕事が増えまして、ドタバタしています。

とりあえず、単著の原稿が遅れているので、それを早く書き上げたいと思っています。

先日、繁華街を歩いていると「来て、見て、触って、楽しんで!」なんて言う(広告)放送が卑猥な声で街中に流れていました。場所が繁華街ということもあり、怪しい店を想像し、ちょっと心が揺さぶれましたが、「そんなところに行ったこともないし、そんな人間でもない」と強く誓い、その場を駆け足で過ぎ去ろうとしました。

そしたら、「来て、見て、触って、楽しんで!子ども〇〇センター」と、行政が運営している科学館の宣伝でした。当初、卑猥な声と思いましたが、科学館ということを認識した後で、そのアナウンスを聞きなおすと、アニメ声ですね。つくづく、先入観とは恐ろしいと実感しました。もちろん、子ども科学館も、私にとっては「そんなところに行ったこともないし、そんな人間でもない」ので、足早に、その場を通り過ぎましたが・・・。

しかし、あんな場所は、子ども科学館の対象者である子どもたちは歩かないと思うのですが、そこで放送している行政って・・・。いや、そういう場に行く子どもたちに更生の場を与えようと思い、頑張って行政は流しているのかもしれません。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »