« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月26日 (日曜日)

行政計画は自前で策定する。

17102

ちょっと前になりますが、西条祭のカレンダーをいただきました。感謝。早速、研究室に飾りました。

近年は、シティプロモーションが流行っています。シティプロモーションを進めるために、地方自治体は行政計画を策定することからはじめることが多いです。まさに計画行政ですね。

シティプロモーション計画を策定することは、決して悪くないのですが、個人的に気になることがあります。それは【委託するる】ことが多いということです。これはシティプロモーションに関わらず、行政計画全般的に言えるのですが…。

私は 【自前でつくる】ことをお薦めししています。シティプロモーションの効果をあげている戸田市は自前でつくっています。シンクタンクやコンサルの力は一切借りてません。いま、いい成果を導出しつつある東大和市も、すべて自前でつくっています。今年度、シティプロモーションに関する行政計画を検討している寝屋川市も、自前でつくっています。

上記で紹介した地方自治体は、私がアドバイザーと して関わっていますが、自前でつくっているので、シティプロモーションに「思い」 も入っており、その思いが結果として成果に導いているよ うな気がします。

数百万円(なかには一千万円超え)をかけて、シティプロモーション計画をシンクタンクやコンサルに委託していますが、やはり実効性の部分で弱いと思いま す。もちろん、自治体職員だけでの策定は心もとないし、客観性も担保されないので、有識者へのアドバイザー料が発生しますが(ぶっちゃけ私の場合は、多くが月5万円~10万円です)、それでもシンクタンクやコンサルに委託するよりは、かなり「安く」つきますし、「思い」も入りますし、 その策定過程で職員の「政策形成能力の向上」にもつながるので、基本的にはいいことばかりと思います。

また、自前で策定した地方自治体の多くは、本来、シンクタンクやコンサルに委託するはずだった財源(ういたお金)で、シティプロモーションに関する実際の事業に費用をまわしています。少なくない自治体が、シンクタンクやコンサルに委託したため、お金がなくなり(お金が付かず)、実際の事業ができないという話もあります。これでは当然成果はあがりません。

なので、私は行政計画は自前で策定することをお薦めしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木曜日)

シティプロモーションの役割。

17091

かなり前になりますが、いただきました。伊藤さん、ありがとうございました。丸森町産カレーになります。

ところで、最近は、シティプロモーションが賑やかです。ただ、実際の取り組みをみると、キャッチコピー(ブランドメッセージ)をつくり、ロゴマークをつくり・・・など、矮小化されているような気がしています。

このように矮小化しちゃう理由は、取り組む自治体職員が「シティプロモーションの意義は何か」ということを理解していないことに加え、議会から「シティプロモーションは何をやったのか?見・せ・ろ!」 と言われるので、目に見えるシティプロモーションに取り組むことになります。それがキャッチコピーやロゴマークなどです。

たぶん、シティプロモーションは、自治体の意識を根底から変えていく役割があると思っています。そうなるように後方支援していきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月22日 (水曜日)

シティプロモーション定点観測(後編)。

シティプロモーションに関して「成功の鍵を握る5つのキーワード」というテーマで『月刊広報』に寄稿しました。

ご一読いただけたら幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月19日 (日曜日)

シティプロモーションの光と影。

「地方行政」(時事通信社)で連載していた「シティプロモーションの光と影」の連載が終わりました。概要というか、言いたい点は【こちら】にあります。きっと、全体をとおして言いたかったのは、これにつきるのかもしれません。

20回の連載でした。1回あたり7000字弱という感じでした。私だけではなく、自治体の皆様と共同執筆しました。感謝です。

毎回・・・というわけではありませんが、読者から質問や意見が届きました。過去は、そんなことはあまりなかったのですが、今回は、過去と比較すると、まぁまぁありました。それだけシティプロモーションがブームということですね。

金・土は、春日部市で開催された「自治体シンクタンク交流会議」に参加してきました。主催市の春日部市には、大変にお世話になりました。感謝です。

いろいろと仕事がたまっているので、今日は仕事をしようと思いましたが、昨日は、私の大好きな人の誕生日で、昨日、お祝いできなかったので、今日、お祝いしてきました。ので、結局、この週末は、ほぼ何もできませんでした。

明日以降が勝負と思っているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水曜日)

西条市自治政策研究所。

西条市自治政策研究所が設置されました。

NHKでも放送されました。【こちら】にあります。

私も関わることになりました。頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火曜日)

危機感の見える化と自分事化が大事です。

17103_2
先日宿泊したホテルの窓からです。昨年度までは、1泊の上限が決まっていたので、たまに泊まるホテルを探すのに苦労していました。今年度は、その上限がなくなったので、少し嬉しくなりました。

最近思うことは、自治体(組織)を前に動かす一つは「危機感」だと思います。先日、伺った自治体は、どうも全体として危機感がなく(危機感が薄く)、のんびりしています。のんびりしていることは、決して悪くないのですが、この時代が急激な速さで進んでいる中での「のんびり」は、結果として退化を意味します。

その伺った自治体は、現実的には様々な数字が、かなり悪化しつつあります。けど、本当に、全体的にのんびり他人事と思っている感じがありました。「俺たちは倒産しない。首が切られて路頭に迷うことは絶対ない。だから、このままでいい」という思いを、会話の中から、垣間見ることができました。正直、厳しいなぁと実感しました。

私なんて、すごく危機感を持っています。就職してからずっとそうですが、無職になってしまうのではないかという危機感を持っています。昔は若かったし自由人だったので、リストラにあったら、別の人生を探そうなんて、呑気に考えていた時もありましたが、今は、そんなことは一切考えられません。

今でも無職になってしまう危機感を持っています。いまは若くないため、次を見つけるのは大変と実感していますし(実際、同年代の苦労している方たちをたくさん見ている)、いまの私は自由人にはなれず、私だけが路頭に迷うわけではないので、頑張らなくてはいけません。そして、そんな危機感が、結局、私を(泣く泣く)前に動かしているのだと思います。

危機感ばかりでは、イヤになっちゃいますが、この前伺った自治体は危機感なさすぎです。そういう自治体が気が付いたときには「もう遅い」という感じになるのだと思います。この状況を打破するには、危機感の見える化と自分事化が大事だと思いました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 5日 (日曜日)

地方創生って何?

現在、関東学院大学の図書館では「地方創生って何?」の特設コーナーがあります。学生さんで、地方創生に関心ある方は、ぜひ、足を運んでみてください。

詳細は【こちら】にあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホテルの窓から。

17082_2
ちょっと前ですが、ホテルの窓からです。今年度もお世話になりました。いただいたメールに返信していないことに気が付きました。今日中には返信します。

最近は、学生時代に読んだ漫画や聞いた音楽などを購入しています。その背景を考えたら、最近、接する人に学生さんが多いのが、きっと影響しているのだと思います。

私の学生時代は、今の学生ではあり得ませんが、自転車で日本を走っていました。全体的にいい学生生活だったと思います。

いま接している学生さんの自己実現に向けて、しっかりと後方支援していきたいと思っています。が、最近の学生さんの多くは、自己実現がぼやけている傾向が強くあります。なので、とても心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 4日 (土曜日)

「マイ広報あつぎ」にコメントしました。

現在、厚木市自治基本条例推進委員会の委員長を務めています。その関係で「マイ広報あつぎ」にコメントしました。ご一読いただけると嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 3日 (金曜日)

自治体シンクタンクの動向と展望。

「自治体シンクタンクの動向と展望」というテーマで『地域開発vol.622』に寄稿しました。ご一読いただけたら幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 2日 (木曜日)

シティプロモーションと自治体間競争。

「シティプロモーションと自治体間競争」というテーマで『月刊ガバナンス2017年11月号』に寄稿しました。

ご一読いただけたら幸いです。さらに感想もいただけたら、嬉しいです。既にお二人から感想メールをいただきました。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »