« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月23日 (月曜日)

ホテルの窓から。

18063

先日宿泊したホテルの窓からです。こんな景色でした。

さて、最近の当ブログは私の健康日記となっています。咳はようやく落ち着いてきました

6月下旬から咳き込みはじめたので、なおるまで約1ケ月かかりました。病院に行って、薬をもらって、飲み始めて、だいたい一週間でなおりはじめるということも分かってきました。

3年前に石灰沈着性腱板炎になり(要は四十肩)、2年前に十二指腸潰瘍になり、最近は飛蚊症がはじまり、ここ一か月は咳き込んでいて(慢性気管支炎)、ようやく咳がなおったと思ったら、耳にしこりができていました。メガネが当たるととても痛みが走ります。どうも粉瘤のようです(webで調べたところ)。こちらもはやく病院に行きたいけど、なかなか行ける日がないのですよね・・・。

今週は粉瘤をなおすことが目標です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月19日 (木曜日)

ホテルの窓から。

18062
先日宿泊したホテルの窓からの景色です。この前後から体調がいまいちになり、大変でした。

ようやく先週の土曜日にに病院に行けまして、薬をもらい処方したら、夜は寝れるようになりました。ただ、相変わらず咳はなくなりませんで、日中は咳き込む日々です。私は人前で話す機会が多いので、咳き込むことは致命的です。なので、本当に、そろそろ人前で話す回数は減らしていきたいと思っています。

大学に移ってから、国や自治体等から審議会の委員就任の依頼が急激に増えてきました。しかも会長での依頼が多くなっています。会長のほうが、私のスケジュールに開催日をあわせてくれるので、ありがたいと言えばありがたいのですが、そろそろ審議会も私のキャパを超えつつあります。

民間とのつながりも多くなってきました。こちらは改めて客観的に評価して、(申し訳ないですが)大学教員としてメリットのないものは、つながりを辞めようと思います。昨年から、「民間とはどんなものか」と思い、オファーのある限り、急激につながりを増やしましたが、(言い方が悪いですが)大学教員としても、私の関わっている自治体にとっても、メリットがないことが、だんたんと理解できました(結局民間は自己中心なのです。まぁ、当たり前と言えば当たり前ですが)。いい経験になりました。

とりあえず、いまは咳を治したいと思います。また病院に行こかな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月13日 (金曜日)

大学生が市職員採用のポスターを製作。

18062

今週も低空飛行に一週間でした。体調が復調せず、困っています(いまは咳に難儀しています)。さて、先日宿泊したホテルの窓からの風景です。この地域に来たら、基本は、このホテルに宿泊しています。

標記の件ですが、関東学院大学の学生が、東大和市の職員採用ポスターを製作しました。過去、デザイン系の大学が職員採用ポスターを製作した事例はありますが、普通の学生がポスターを製作することは稀なケースと思います。

いろいろと反省点はありますが、結果的によかったと思います。新聞にも取り開けていただき、記事は【こちら】にあります。今後も、学生、自治体、大学にとってプラスになる取り組みをしていきたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月12日 (木曜日)

ホテルの窓から。

18061

先日宿泊したホテルの窓から見えた景色です。今週は、左目が腫れ大変でした。左目が充血し、チクチクと痛むわけです。講義が1時限と3時限なので、その間で眼科に行ってきました。目薬をもらい、なんとか落ち着いてきています。

咳は相変わらずで、とても難儀しています。昔は、だまっていれば咳はでなかったのですが、最近はだまっていても咳がでます。咳に、こんなに悩まされるとは思いませんでした。今回は絶対に土曜日に呼吸器科に行きたいと思います(先週の土曜日は帰れなくなり、いけなかった)。

昨日は、山陽新幹線の人身事故により、岡山駅がカオス状態で大変でした。今年は、いろんなハプニングにあたります。いい経験と思って、経験の蓄積を増やしいているところです。

そんなハプニングが続く毎日でした。けど、いいこともあります。今日は、旧友に会えて、とてもよかったです。中平さん、桑名さん、西さん、濱田さん、お元気でよかったです。私は、咳のこともあり、話すことは少なかったのですが、その場にいれてよかったです。

谷さん、前田さん、山田さんに会えなかったのは残念ですが、次回ですかね。藤川さんには、いつも連絡・調整をしてくださり、感謝です。すみませんが、次回もお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 8日 (日曜日)

ホテルの窓から。

18070_2
先日、宿泊したホテルの窓からです。ご覧の通り、大雨でした。丸亀市、西条市とまわりましたが、電車もバスもストップして、車という交通手段のない私にとっては、とても大変でした。

と思ってしたら、丸亀市職員、西条市職員が、私を目的地まで送ってくださったので、何とか予定とおり過ごすことができました。とても大変な中、ご対応くださり、感謝申し上げます。

帰りのフライトが飛ばなくなったのには、少し困りましたが、次の次のフライトに乗ることができ、無事に自宅に戻ることができました。個人的には、いい経験をしました(今回の経験が私に蓄積されました)。

ところで、咳が止まらず、困っています。「慢性気管支炎」なので、一度、咳き込むとしばらく咳がでる日々です。昔は、そんなに気にならなかったのですが、加齢にともなう体力の低下かどうかわかりませんが、就寝中も咳き込むことが多くなり、明らかに睡眠障害です。夜が寝れません。

今週の土曜日に病院に行こうと思います(本当は、昨日の土曜日に行きたかったが、大雨により、なかなか四国を脱出できず、病院に行けませんでした・・・)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火曜日)

「安全」という言葉が入る条例の概念整理と対象範囲の研究。

18061
こちらのホテルにも、5年以上は通っています。駅前開発も落ち着きつつあります。この前泊まったホテルの窓からです。

昨日も書きましたが、いろいろと研究はしたいわけです。で、その一つとして「「安全」という言葉が入る条例の概念整理と対象範囲の研究」というテーマで発表してきました。このな趣旨の研究でした。↓

---

 今日、地方自治体はさまざまな行政課題に対応する一手段として条例を制定しています。多数ある条例の中で、本研究は「安全」に注目しました。特に、本研究は「安全」という2文字が入っている条例名を考察の対象としています。

 本研究は、多数ある条例から「安全」の持つ意味の概念整理を行います。条例が意図する「安全」の対象範囲を明確にします。また「安全」という言葉の入る条例の類型化を行いました。本研究は、これから「安全」をキーワードに条例の制定を検討する地方自治体に寄与すると考えます。なお、本研究は、あくまでも「安全」という言葉の入る「政策条例」を対象としています。

---

何人かの方と意見交換したのですが、意外に、上記の研究は好評でした。もう少し考察を深めて、改めて発表したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 2日 (月曜日)

ホテルの窓から。

18050
こちらの景色が見れるホテルにも宿泊しました。先月は、大学日以外は、ホテルに泊まっていたような気がします。

気が付いたら、もう7月です。

もっと研究をしたいのに、なかなかできません。できない自分に問題があるのですが・・・。一応、大学の教員を職業としているので、やはり研究はしなくてはいけないと思うわけです。ところが、私が目標としている研究成果までは到達できず、反省するのです。反省をしていたら、体調も悪くなってしまいました(心は前向きでないといけないと実感しました)。

もうすぐゼミもはじまります。私が大学教員の一つの本分である研究をしっかりしていないと、やはり学生さんにも申し訳ないと思うわけです。そんなことを考えていると、どうも体調がいまいちになります。

今月から挽回したと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 1日 (日曜日)

「シビックプライドの潮流」が終わりました。

18062

先日宿泊したホテルの窓からです。こちらの自治体に来たときは、必ず、このホテルに泊まっています。その理由は、駅前はここしかないからです。だけど、次回は、ちょっと離れたところに泊まってみようかと考えています。

先日、ご報告しましたが、「地方行政」(時事通信社)に「シビックプライドの潮流」をテーマに連載していました。先週、連載が終了しました。地方行政の編集担当に加え、共同連載の読売広告社さんと戸田市役所さんには、大変にお世話になりました。感謝です。

ちなみに、書き出しは、こんな感じでした。これから書籍としてまとめたいと思っています。

---

 本連載は、今日、注目を集めつつある「シビックプライド」を考察の対象とする。具体的には、シビックプライドの歴史や意義、展望などを考察する。また自治体がシビックプライドを高めていくための戦略や具体的な手法も検討する。これらを明らかにすることにより、シビックプライドを検討している自治体の政策に資することが目的である。

 本連載は「シビックプライドを多角的に科学する」という意欲のもと取り組んでいく。しかしながら、シビックプライドは、近年注目されつつある新しい概念であるため、不確定な要素が多々ある。そのため本連載は読者に対する問題提起の意味もある。読者がシビックプライドを考えるための契機になれば幸いである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »