« ホテルの窓から。 | トップページ | 厳しさの日常化。 »

2019年3月 3日 (日曜日)

まったく動かない自治体。

1551577831514
昨年より、沖縄大学地域研究所に所属していまして、先日、行ってきました。岩垣先生、いろいろとお世話になり、ありがとうございました。今年度は、名ばかり研究員でしたが、来年度から本格稼働になりそうです。期待にこたえられるように頑張ろうと思います。

話は変わりますが、某自治体は課題を抱えており(理事者は認識している)、私が担当者にいろいろと提案をします。すると、「どうして、そんなことをするのですか」や「その成果って何ですか」「それを実施することにともなうメリットは何ですか」「別の手段があるのではないですか」と、次から次へと、私にとっては、どうでもいい質問ばかりです。この時代は、前進しながら考えていかなくてはダメと思います。考えてばかりいては、何も結果はでません。ちなみに、その人は、最後は「庁内調整をします」で終わるのですが、数週間たっても、何も動きはなくて、改めて、いろいろと提案すると、極めて後ろ向きに質問ばかりです。

要は「やりたくない」のですね。

しかも、この時期ですから、あと数週間何も動かずにいれば、間違いなく異動するのです。なので、ますます後ろ向きの回答しかありません。ちなみに、数か月から、こんなことを何度もやりとりしているのですが、いつも同じ状況です。まったく動きがありません。私にも問題はあると思いますが、先方は、もっと問題があるような気がします。大きな課題なのに、その人は「他人事」なのです。

こんなことを繰り返すと、「なんで私がここまでやらなくちゃいけないのか」と思います。その課題を解決するために、いま多くの民間団体にまわり、約束を取り付けているのですが、自治体(というか、その人)が動かないので、このままでは民間団体に失礼にあたります。

ので、もう、その自治体(というか、その人)とは縁を切ろうと思っています。

|

« ホテルの窓から。 | トップページ | 厳しさの日常化。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まったく動かない自治体。:

« ホテルの窓から。 | トップページ | 厳しさの日常化。 »