« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月19日 (金曜日)

最近はやりのSDGs。

1551577840139
先日は、こちらの対面にあるホテルに宿泊しました。今年度もホテル暮らしが多くなりそうです。

最近は、どの自治体にいっても、SDGsがはやりです。私が所属している組織もSDGsに取り組みつつあります。

私見になりますが、自治体の政策(施策、事業を含む)は、SDGsと言われる以前から、既にSDGs取組みそのものと思います。自治体の存在そのものがSDGsを推進してきたと言えると私は思っているのです。そんな自治体が「SDGsを頑張ろう」なんていうのは、「実は、今までわたくし自治体は、自治体らしいことをしてきませんでした。あらためてSDGsにのっかり、これから自治体を真摯に頑張ります」と言っているようなものです。それは自治体の自己否定(過去否定?)のような気がします。

例えば、現在、多くの自治体が取り組んでいる定住人口の取り組みは「11 住み続けられるまちづくりを」になりますし、自治体の教育行政そのものは「4 質の高い教育をみんなに」になります。自治体の取り組んでいるすべての事業がSDGsの17目標につながっているのです。この点を、しっかりと認識する必要があると思います(けど、そのことを認識していない職員が多くいるのだと思います)。

ただし、自治体の存在意義を再認識する意味で、SDGsは有効です。そこで、私の関わっている自治体の中で、いくつかの自治体は政策や施策レベルで、SDGsが掲げる目標とリンクしているのかを考えてもらっています。そして、総合計画に書き込むように薦めています。自治体が取り組むのは、このレベルでよいと思っています。これが第一段階とです。つまり、職員の意識をSDGsに向かわせることが大事と思います。

ところが、いきなり「SDGsやるよ」というと、職員の多くは「また仕事が増える」と思い嫌悪感を持ちます。そうではなくて「既にいま実施している事業がSDGsそのもの」と認識させることが重要と思います。これができてから、次のステージに進むのだと思います。自治体そのものがSDGsを推進してきた-を認識すること、そして自信を持つことが大事と、勝手に思っています。



| | コメント (3)

2019年4月18日 (木曜日)

切手を貼り忘れた可能性あり。

先日、宿泊したホテルの窓から見た景色です。相変わらず、ドタバタと生きています。

先ほど、気が付いたのですが、本日、いくつか連絡文書をポストに投函しました。よくよく考えると、切手を貼っていなかったかもしれません。というか、切手を貼った記憶がありません。

たぶん、職場に戻ってくると思いますが、料金不備で届いてしまった場合は、立て替えておいていただけますか。今度、伺ったときにお支払いします。連休になったらば、たまっている仕事を一気に進めたいと思っています。

| | コメント (0)

2019年4月17日 (水曜日)

地方議会のミライ。

1554541729215

先日、宿泊したホテルの窓からです。今年度から関わりを持つ自治体でして、2日間かけて現地をまわりました。いろいろと発見があり、よかったです。

さて、『日経グローカル』という雑誌に「地方議会のミライ」ということで連載をはじめました。地方議会関係者に役立つ内容にしていきたいと思います。


 

| | コメント (0)

2019年4月 6日 (土曜日)

SDGsを軌道に乗せる「環境協働」の取組み。

「SDGsを軌道に乗せる「環境協働」の取組み」というテーマで『神奈川大学評論』に論考を書きました。私の博士論文をベースに、最近のSDGsにあわせて考察をすすめました。

昨日から、花粉症がひどく、今日はずっとボーッとしています。微熱もあります。が、いくつか雑誌の連載があるため、これからエンジンをかけていこうと思います。

| | コメント (0)

2019年4月 5日 (金曜日)

ゼミ生と市民の交流。

ユニコムプラザさがみはらが「さがみはら地域づくり大学」を開講しています。昨年度から、私のゼミ生が関わっていますが、高評価だったようです。今年度の募集要項に、下記のように紹介されています。

「講師の牧瀬稔氏(関東学院大学法学部准教授)のゼミ生も参加して、受講生とワークショップを実施しました。アンケートでは、「現役学生と意見交換が出来たことは刺激的であった」などの感想がありました。」

詳細は【こちら】にあります。今年度も、ゼミ生の都合もありますが(平日なので、大学で講義がある)、都合のつくゼミ生と「さがみはら地域づくり大学」に伺い、市民の皆様と意見交換したいと思います。この取り組みが、ゼミ生の教育活動としては、とてもよいのです。今年度も、よろしくお願いします。

| | コメント (0)

2019年4月 4日 (木曜日)

シビックプライド×関係人口=新しい地方創生の形。

5月17日(金)に、都内で「シビックプライド×関係人口=新しい地方創生の形」というテーマで講演、シンポジウムを実施します。詳細は【こちら】にあります。

シビックプライドを専門に取り扱っている読広広告社さんに加え、シビックプライドに取組み、国の関係人口のモデル自治体となっている西条市がご登壇されますので、ご関心がありましたら、ぜひ、いらしてください。ちなみに、無料です。

3年くらい前から、シビックプライドの成果というものを考察しており、少しずつ、シビックプライドの効果や都市伝説が見えてきました。

| | コメント (0)

2019年4月 3日 (水曜日)

特任教授になりました。

現在、関東学院大学に勤務していますが、同時に社会情報大学院大学の特任教授にも就きました。詳細は【こちら】にあります。

社会情報大学院大学は、任期付の教員になりますので、本務校は関東学院大学になります。

社会情報大学院大学は、社会人を対象とした夜間の大学院になります。私もゼミ生を持つ修士論文指導をしていきます。いま、いろいろと考えているのですが、詳細は、第1回の講義の時に、ゼミ生にお話ししたいと思います。

しっかりと指導して(指導と言う言葉は上からであまりよくなく感じますが)、めちゃくちゃいい修士論文にしていきたいと思います。

もちろん、関東学院大学の卒業論文もしっかりと指導していきます。

| | コメント (0)

2019年4月 2日 (火曜日)

『共感される政策をデザインする』を出版しました。

共感される政策をデザインする』を出版しました。

こちらは、最近、私が関心をもっている公民連携の取り組みになります。昨年度から、様々な自治体にヒアリングに伺い、公民連携の実態調査を進めています。今年度も、大学の出校日以外は、多くの自治体に伺い、公民連携についてお話しをいただこうと思っています。

現場に軸足のある調査研究を進めていきたいと思います。


| | コメント (0)

2019年4月 1日 (月曜日)

『信州の小都市が取り組む地方創生まちづくり』を出版しました。

信州の小都市が取り組む地方創生まちづくり』を出版しました。

昨年度は、5冊ほど、図書の原稿を書いていたので、さすがに死ぬかと思いました。けど、今年度も、引き続き、お声かけいただいたら、世に原稿としてまとめて、問うていきたいと思います(いま2冊の話があったり、過去、出版した図書が海外で翻訳されるなどの話があります)。

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »