« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月30日 (木曜日)

ホテルの窓から。

1576309340337
こちらの写真も、ちょっと前に宿泊したホテルの窓から見えた景色です。いつも、いろんな景気を堪能しています。


本日発行のタウンニュースに、私が掲載されています。【こちら】にります。タウンニュース社さんには、私のゼミ活動なども、しばしば掲載してくださり、感謝です。

写真を見ると、年齢相当に老けてきたと実感する日々です。老いと一緒に生きていこうと思います。

| | コメント (2)

2020年1月27日 (月曜日)

ホテルの窓から。

1576309284870
ちょっと前ですが、宿泊したホテルの窓から見た景色です。今年度も、多くの景色に出会いました。よい経験でした。

昨日も、近所をふらついていましたら、笹野さんにバッタリお会いしました。笹野さんからお声かけいただき、「ここに笹野さんはいるはずはない」と躊躇したのですが、笹野さんでした。私は、最近は、ジャージ姿で動いているのですが、そんな状況の私なのに、よく私を発見してくれたと感謝です。と思うと同時に、オフタイムもなかなか油断できないなぁと実感しました。

笹野さんには、前の前の職場の時に、いろいろとお世話になりました。改めて感謝申し上げます。

やるべきことはたくさんあるのですが、結局、この日曜日はのんびりしてしまい、ほとんど前進できませんでした。明日からこそは、頑張ろうと思います。

| | コメント (0)

2020年1月26日 (日曜日)

ホテルの窓から。


1576309272579_20200126090501


ちょっと前に宿泊したホテルの窓の景色です。ちょくちょく、いろんなところに行っていますが、今年度は、その移動先で、知り合いに会うことが多くありました。

大阪や岡山で声かけられたり、21:00過ぎに東京駅で雑誌を熟読していたら、ゼミ生(女の子)に声をかけられたりして、最近は「油断できないな」と思うことが多々ありました。東京駅では、ヤバイ雑誌を熟読していなくて、よかったと思っているところです。

最近は、またマスコミの取材が多くなり、年が明けてからずっと週に2~3件ほど対応していまして、「いよいよバブルが崩壊か」と思っているところです。バブルが崩壊して急降下しないように、軟着陸したいと思っています。

 

 

| | コメント (0)

2020年1月22日 (水曜日)

面接する日々。

1579688953100

かなりモヤっていますが、先日、宿泊したホテルの窓から撮影した景色です。今年度も、いろんなところに呼ばれていき(呼んでくれた方に感謝)、いろんなホテルに泊まりました(ホテルにも感謝)。移動中とホテル滞在が、自分の時間がとれるので、執筆が進みます。今年度も、いろんな雑誌に寄稿することができました(こちらにも感謝です)。

最近は、面接をする機会が多くなっています。公務員採用の面接官や、修士論文の口頭試問などです。面接されるのは緊張しますが、面接をするほうも、私は結構緊張します。いい面接にしたいと思っています。

修士論文は5本読んでいます。先日、こちらに書きましたが、私の知見を拡大するのに、大変にいい機会です。審査している修士論文に関連する文献をダウンロードしたり、図書を買って読んだりと、かなり知見が蓄積されました。ので、その分野でも何かしら論稿をまとめたくなったりしています。

とりあえず、しばらくは、修士論文の熟読に日々になりそうです(ということもあり、学会から依頼のあった2査読論文の審査はお断りしました。すみません。あと、学会の査読論文って、査読した後、その論文がOKになったのか、NGになったのか、査読者には一切連絡がこないんですよね、少なくとも私の入っている学会は。これでいいかのかと疑問に思う昨今です)。

| | コメント (0)

2020年1月19日 (日曜日)

大人の嗚咽。

1573794561051_20200118172801


今年度は、こちらの景色が見れるホテルにも、何度か泊まりました。料金の高いホテルなので、来年度は避けたいと思っていますが・・・仕事の都合で泊まるかもしれません。

昨日は、胃カメラを飲んできました。定期的に飲んでいますが、なかなか胃カメラに慣れません。

胃カメラを飲む前に、腕に麻酔を打って、意識もうろうの中で胃カメラを飲んで、気がついたら終わっている・・・という情報を何人かから得ました。けど、私の行く病院は、麻酔は口だけでして、意識がしっかりした状態でカメラを飲みます。これが苦痛で、本当にイヤになります。しかも、目の前の画面に、胃カメラの前進前進状況がしっかりと映し出され、私の胃や十二指腸で、意気揚々と活躍している様子がリアルタイムで見れます。寝ていますが、卒倒しそうになります。


特に、カメラが胃と十二指腸を動いている状況がリアルに体感でき、とてもいい気分ではありません。妊娠して、お腹に赤ちゃんがいる状態は、こんな感じなのでしょうか。

私が、あまりにも嗚咽するので、お医者さんから「鼻で吸って」なんて言われますが、そんな余裕がないというのが正直なところです。というか、どこで息しているのかもわかりません。何となくですが、死ぬときというのは、こんな感じなのかもしれません。

が、大人になると、嗚咽する機会が少なくなるので、こういうことも、悪くはないかな・・・、また嗚咽しに胃カメラを飲もうなんて、いまは思っているところです。

| | コメント (0)

2020年1月18日 (土曜日)

新しい議会報告会の取組みか。

1573794542898

先日、宿泊したホテルの窓から見えた形式です。相変わらず、不定期ですが、ホテルに宿泊しています。私は、同年代と比較して結構なお金を外泊に落としていると思います(今度、調べてみようと思います)。

私のゼミナールとして、藤沢市議会の議会報告会に主体的に参加してきました。そちらの記事が【神奈川新聞】と【タウンニュース】に掲載されています。記事にしてくださり、ありがとうございます。

藤沢市議会の議会報告会は、まぁまぁ順調に行っています。最近は、様々な事情から議会報告会を「やめる」ケースもでてきましたが、藤沢市議会の議会報告会は継続的に実施され、毎回、前進しています。藤沢市議会の議会報告会の秘訣は【こちら】にあります。


多くの議会報告会は、開催された後の「次」がどうなったか分からなかったのが課題でした。そこで今回、藤沢市議会の議会報告会では、議会の意向を極力排除し、報告会で得られた市民の意見を学生の視点で政策提言を行いました。議会報告会の新しい境地を開けたと思っています。

また、参加した学生にとっても、とてもよい教育効果が得られたと思っています。議会とゼミナールの相利の関係にあると思います。これからも新しい取り組みにゼミナールとして、積極的に取り組んでいきたいと思います。

| | コメント (0)

2020年1月 5日 (日曜日)

ホテルの窓から。

1573794516012

多くの方が思っているでしょうが、年末年始が長かっただけに、明日からの日常生活は、やや憂鬱です。しかも、年末年始は、ほとんど何もしなかったため、明日以降にするべきことが多くて憂鬱です。何とか乗り切りたいとは思っています。ただ、審査する修士論文は、ちょこちょこ読んでいました。修士論文を読むと、私もそれ以上に知らなくては評価できないので、関係する文献を当たったりします。すると、結構、物知りになったりするので、私にとってはとてもよいことと思っています。

修士論文をチェックしなかったら、専門バカになっているかもしれません。私の専門とは(比較的)関係のない分野を読むことで、私の幅が広がり、本当に、とてもよい経験をしています・・・が、まだあがってきていない大学院生がいるので、このあとメールしてみようと思っています。

ずっと新年気分だったのですが、本日、コンビニに行き、店員さんから「1,028円です」と言われ、「10,028円」を払ってお釣りを9千円をもらおうと思ったら、そのままスルーされたので、一気に、新年気分が覚めました。店員さんは諭吉と漱石を間違えたようです。私にとっては、よいショック療法でした。

写真は、以前、宿泊したホテルの窓から見えた景色です。今年も、いろんなホテルに泊まり、いつか「ホテル行政学」という論文をまとめるのが夢です。

| | コメント (2)

2020年1月 3日 (金曜日)

今年もよろしくお願いいたします。

1573794507475


明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
写真は、以前、宿泊したホテルの窓から見えた景色です。今年も、きっと、いろんな景気をホテルから見れるのだと思います。

年末は、小旅行してきました。旅行中は、かなり油断していました。すると観光地やサービスエリアで、それぞれお2人に声をかけられました。改めて「油断はできない」と思った瞬間でした。お2人には、きっと、今年も仕事でお世話になると思います。よろしくお願いいたします。

今年は、昨年以上に、研究活動に取り組みたいと思っています。博士論文も書き上げたいと思っています。
昨年も、そんなことを言っていたと思うのですが、日常に忙殺され書き上げることができませんでした。ただ、昨年は、知人が2名、博士論文を書きあげましたので、私も触発を受け、「今年こそは」と思っているところです。大学が受け入れてくれるかどうかにかかっていますが。

教育活動はゼミを中心に、多方面に展開していきたいと思っています。地域づくりの現場をゼミ生に体験してもらいたいと考えています。他学生が経験できないことを実践していきます。ちなみに、ゼミではインスタをしていまして【こちら】にあります。

その他、諸々、取り組んでいきます。

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »