« ホテルの窓から。 | トップページ | ホテルの窓から。 »

2024年3月30日 (土曜日)

ホテルの窓から。

1683600483379

今回は、こちらの景色です。「ホテルの窓から」と言っても、いろんな景色があるものです。ただ、ホテルの窓に、ほぼ共通しているのは、窓が固定されており、あるいは開けても10センチ程度なので、外に出ることはできません(外に出る気はありませんが)。

年度末を迎えて、「異動になりました」や「派遣元に帰ります」、あるいは「退職します」などのメールを多数いただいています。
そして多くの方が「大変にお世話になりました。これからもよろしくお願いします」と書いているのですが、特に派遣元に帰る人や、退職される人の場合は、新しいメアドが書いてないと「これからもよろしくお願いします」と言われても、よろしくできないのです。
4月以降、改めて、新しいメールが届くのでしょうか(私が嫌われている証左でしょうか。私が嫌われていることは、うすうす気が付いていました)。

年度末でも、いろいろとドタバタしてまして、先日は、韓国から5名の方がいらして、インタビューを受けました。テーマは地方創生でした。私の本は、台湾で翻訳されているので、過去、台湾の方がインタビューに来たことは何度かあったのですが、韓国ははじめてでした。

いらした方は、要は自治体シンクタンクの研究員なのですが、韓国では、自治体が自前でシンクタンクを設置するケースが多いようですし(新しい発見でした)、インタビューに来た全員が博士号を取得しているので、びっくりでした。皆さん、とても優秀だなぁと実感しました(私も博士号をもっていますが、私の場合はなんちゃって博士号と自認しています)。

また、別の日は、某議会の議長がいらしゃいました。某議会は、来年度に関わるため、その打ち合わせでした。こちらはゼミナールとして関わって行こうと思っています(もう一つ別の議会もゼミとして関わる予定です)。

そんな感じで、こんな時間なのですが、まだ、今年度の仕事に追われています。今年度の仕事は今年度で終わらせて、新しい気持ちで新年度を迎えたいと思います(きっとも無理ですが)。




|

« ホテルの窓から。 | トップページ | ホテルの窓から。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホテルの窓から。 | トップページ | ホテルの窓から。 »