2018年3月14日 (水曜日)

CtoC。

18021_2

今日は、読売広告社さんと打ち合わせをしたあと、前職場に行ってきました。アポなし訪問です。私が所属していた研究部は、大きく変わっていました。いまは自主調査が中心であり、委託調査はしていないということです。それを聞いて「いいなぁ」と思いました。私の時は、委託調査が中心で、ノルマがあったので、日々、数字に追われていました。私が辞めて、だいぶ研究部も変わりました。

ちなみに、読売広告社さんとの打ち合わせは、シビックプライド(Civic Pride)です。シビックプライドの重要性が指摘されていますが、「なぜ重要なのか」が明確ではありません。この点をしっかり分析していきたいと思っています。

個人的には、仮説として、シビックプライドを高めていくことは、シティズンシップ(Citizen ship)になっていくと思っています。シティズンシップとは「市民権」と訳されます。このシティズンシップが住民自治を強くしていきます。つまりCtoCです。そんな仮説を持ちながら、分析を進めています。

ところで、上の写真は、地方都市の商店街です。数百メートルにわたり商店街がつづきますが、開店しているのは2~3店舗で、すべてはシャッターです。昨年度から、また条件の厳しい自治体に出向き、新しい地域づくりに取り組んでいます。「呼ばれるうぢ花」なので頑張ろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 8日 (木曜日)

行けば行くほど赤字。

18012
こちらのホテルには、不定期ですが、泊まっています。来年度も、不定期ですが、泊まることになりそうです。

今日は、朝一で移動し春日部市にいき(2時間半)、午後は逗子市で審議会があったため、春日部市から移動しました(2時間半)。大変に疲れました。

先日、驚愕な事実が判明しました。某自治体に審議会のため参加していますが、移動中も仕事をしたいため、自腹でグリーン車に乗っています。その往復のグリーン車代は、審議会の委員謝金で、完全に消えていました。別のケースは、完全に「赤字」となっていました。どうりで生活が厳しいわけです。

来年度は、地方圏の自治体に関わることが多くなります。地方圏だと、1日仕事になり、何もできません。場合により前日入りの2日仕事になります。2日間、何もできないこともあったりします。東京近郊であると、ちょっとしんどいですが、春日部市のあとは逗子市と予定を組めますが、地方圏の自治体は無理です。

地方圏の自治体のお手伝いをしたいとは思っていますが、圧倒的に時間が足りなく、お手伝いできないことが多くなりそうです。しかも、地方圏の場合は、グリーン車などの要因により、赤字になることもでくることを、先日知りました。赤字であっても、「私がやってみたい」と思わないと、なかなか関わることはむつかしいかなと考えているところです(私にも生活がありますし)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 4日 (日曜日)

ホテルの窓から。

18011
先日宿泊したホテルの窓から見えた景色です。今年度も、月に数泊のペースでホテル暮らしをしていました。けど、少しずつホテル暮らしを減らしています。

話は変わりますが、この土日は完全に休みでした。もちろん、することは多々あるのですが、差し迫ったすることはなく、土日はのんびりできるはずでした。

が、油断したら、花粉症が大変なことにより、昨晩は、急に発熱し38.6度まであがり、悪寒がして、夜は花粉症と寒さで眠れませんでした。油断すると、よく発熱します。ちなみに、いまは37度前後まで下がっています。

明日から、また頑張ろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 2日 (金曜日)

時間を潰しつづける兄弟。

17122
昨日のホテルの窓からは、来年度から、少しずつフェードアウトしていく地域になりますが、今日のホテルの窓からは、来年度から少しずつ強くかかわっていく地域になります。これから、毎回、始発のフライトで、東京に戻ることになりそうです。本当は、飛行機はイヤなのですが、次の仕事を考えると、仕方ありません。こちらの地域も、はやく軌道に乗せて、フェードアウトしたいと思ています。

ある地方圏の地域にいき、私の仕事が終わると、電車が来るまで、ファーストフードで時間を潰すのが日課となっています(地方圏は、なかなか電車がこない)。そのファーストフードで、よく一緒になる兄弟がいます。

その兄弟は、ハンバーガーを一つと、飲み物だけで、5~6時間ほどファーストフードで時間を費やすようです。隣に座り、彼らの会話を聞いていたら、そんなことがわかってきました。推測ですが、「子どもの貧困」なのだと思います。どうも母子家庭のようで、お母さんが帰宅するまで、時間を潰すことが日課となっているようです。よく言われますが、見た目は、普通の格好なので、一見して相対的貧困という状況がわかりません。

こういうことに対応するのが、行政の役割と、勝手に思っていますが、行政も実態把握が難しいので、苦悩しているようです。

私個人としては、いきなり彼らにおごるわけにいかず、困っています。いきなり、「好きなものを食べていいよ」なんて言ったら、やばい人です。子どの貧困を対応している団体(NPOとか)に寄付することか、私の立場として、子どもの貧困をなくす政策をつくっていくか、が私のできることと、いつも、そのファーストフードに行くと思います。

ちなみに、私は自発的に貧困を経験したので(それはセーフティーネットのある、守られた貧困でしたが)、お腹がすくことの恐怖・・・とまではいきませんが、そういう感情を持っています。なので、相変わらず、ファーストフードとかにいくと、大盛を頼んで、「食べれる時に食べておこう」という気持ちが残っているのですが・・・。

政策課題は、あっちこっちありますね。この世界に入って20年以上経験し、私なりに頑張ってきたつもりですが、なかなか世の中は改善されません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 8日 (木曜日)

ノートPCを買い替えました。

0725

いま使っているノートPCの起動が遅く、さらに、よくフリーズするので、ノートPCを買い替えました。あまりこだわりはないので、学生さんが使っているノートPCと同じにしました。そのほうが、何か困ったら、学生さんに聞けるからです。

ただ、大人の見栄というか、学生さんよりスペックのいい機種にしました。その結果、20万円かかってしまいました。

ノートPCが届き、10分程度で初期設定をして、使おうと思ったら、上の画面です。強制的に電源が落ちてしまいます。電源をいれても、同じことの繰り返しです。仕方がないから、マニュアルにそって、初期化をして、再度、設定しなおすのですが、まったく改善されません。こんなことを3回繰り返しました。結局、昨日、販売会社にメールをしたところです。

せっかく、やる気満々、学生さんに自慢しようと思ったのに、いきなり残念なスタートです。

本当は、昨日の講演会も、新しいノートPCでしようと思ったのですが、上記の理由から、古いノートPCで行いました。ところどころ、動作が鈍くなり、「止まってしまうのではないか」と恐怖感を持ちながら話を進めていたら、想定よりもはやく時間が終わってしまって、焦りました(フリーズする前に話しちゃえと思ったら、はやく終わってしまいました)。しばらくは、こんな日々が続きそうです。

はやく新しいノートPCを使いたいと思う、今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月30日 (火曜日)

バブルな私。

17111
先日、宿泊したホテルの窓からです。これから数年間は、こちらのホテルに泊まり、朝一のフライトで移動するということが多くなりそうです。

私なんかより、まだまだ活躍している方は、たくさんいると思いますが、私的には私自身がバブル状態と認識しています。最近は、土日もなくなり、日々、どこかしらの現場に行って手ます。

皆さんは、私をいいように解釈してくださり、あっちこっちから呼ばれる日々です(ありがたいことです)。特に、今年度は、国や民間業とのつながりが多くなり、多方面に活動が広がっています(昨年度までは自治体が中心だった)。その結果、完全にバブル状態です。

そろそろはじける日も近そうです。そうならないように軟着陸していきたいと思っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年1月18日 (木曜日)

耳変調。

17103

こちらのホテルにもお世話になりました。先日泊まったホテルの窓からの風景です。

加齢とともに、耳もおかしくなり(昔から耳はいいほうではないけど)、電車内のアナウンスの「まもなく金沢八景駅です」が「なんとなく金沢八景駅です」と聞こえてきます。逆に、お陰様で、「そんなはずないだろ!」と意識が高まり、金沢八景駅直前で起きますが・・・。

トイレにいくときに、トイレ内で流れているアナウンスの「多機能(たきのう)トイレです」が「滝(たき)のトイレです」と聞こえてきます。「滝のトイレってなんだ?」と思い、行ってみたら、多機能トイレでした。トイレ内に滝が流れているのかと思いました。ここまでヒーリングを求めるのかと、一瞬、感心してしまいました。

話は変わりますが、今週は、某党の地方議員から、相次いで4件問い合わせがありました。地方議員の所在地はバラバラ、問い合わせ内容もバラバラです。私は某党の中で、何かしたのでしょうか?大変に気になります。

今週も頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月10日 (水曜日)

自治体マーケティングについて考えたこと。

17120
昨年に宿泊したホテルの窓からです。「ホテルの窓から」という写真集が作れそうです。ただ、そこにはニーズはないと思いますが・・・。

昨日は、結構大変で、朝、出社時に貧血を起こし、死ぬかと思いました。数年ぶりくらいの貧血です。昨日は、公共マーケティング研修の講師だったのですが、いまいち、私の中で「マーケティングそのものを自治体運営に入れるのは危険」と思っているのです。「そんな私が公共マーケティングの研修講師をするなんて、まずいなぁ・・・」と思っており、やや後向きな考えが、貧血を招いたと理解しています。

ちなみに、マーケティングの危険性には、以前、論文としてまとめています。いろんな危険性はあるのですが、その一つは下記です。その論文から引用します。

---

民間企業のマーケティングを導入する際の注意点を、筆者の経験から記しておきたい。民間企業の活動は、多くの場合は「利益の最大化」で動いている。この利益最大化は、不採算部門の撤退や、利益の上がらない市場には入らないという行動を選択する。
筆者が、自治体に勤務し、気が付いたことは、自治体の業務の多くが不採算部門であり、利益を上げることが難しいという事実である。 筆者の理解は「民間企業では利益が上げられない事業であるため、だから自治体で実施している」と捉えている。例えば、生活保護や自殺対策などを多くの事業は利益を上げることは難しいだろう(上下水道事業など一部の事業は利益を上げることができそうである)。
そして、そのような事業にもマーケティングを導入すると、多くの事業が縮小や廃止を強いられることになる。これが自治体にマーケティングを適用することの限界と指摘することができる。
実際、2000年前後に流行った自治体マーケティングは、この限界を超えることができず終息に向かった歴史がある。
自治体の目的は何だろうか。それは「住民の福祉の増進」である(地方自治法1条の2)。民間企業のマーケティングをそのまま入れることは、住民の福祉の減退を招きかねない。この点は特に注意する必要がある。
重要なことは、住民の福祉の増進を担保しつつ、マーケティングを導入することである。あるいは、常に住民の福祉の増進を念頭に置いて、「住民の福祉を増進させるための自治体マーケティングの適用」を考えていかなくてはいけないだろう。

---

重要なことは、マーケティングそのものを自治体に導入するのではなく、マーケティングの視点や考え方を自治体運営にあわせて導入することです。ところが、少なくない自治体はマーケティングそのものを入れてしまうため、公的市場の中で矛盾が生じしてしまいます。

そんなこんなで午前は体調がいまいちだったのですが、午後には復活しました。復活祝という意味合いで炭酸飲料をガブ飲みしたら、そのせいかはわかりませんが、胃潰瘍、十二指腸潰瘍が痛み出し、これまた午後も大変な状況でした。胃とか十二指腸とかが握られる感覚なのです。激痛というか、とても痛い鈍痛という感じでした。

ようやく18時になり完全復活し、18時以降の寝屋川市との打ち合わせは、比較的、順調でした(わざわざ都内までご足労をいただきまして、ありがとうございました)。

今日も、朝から夜までドタバタです。夜は懇親会がありますが、あまり飲まないようにしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月曜日)

我が家の隣に何ができるか気になります。

17122
この写真は、戸田ボートです。10年ぶりの戸田ボートですが、水質がよくなった感じがします。真珠のおかげでしょうか・・・。

なんとか査読論文をチェックして(2論文)、事務局に提出しました。(他人のことを言える立場ではないのですが)とにかく論理的ではなく、困りました。もし、執筆者が大学院生だったのならば、指導教授はチェックしていないのでしょうか。本当に論理的ではないため、その点を細かく指摘しました。例えば、論文では・・・が拡大していると明記しているのに、掲載しているグラフをみると、むしろ減少していたりします。ややイライラしながら読んでいたのですが、きっと私も大学院時代に、私の論文を査読者はイライラしつつも、しっかり読んでコメントをくれたと思っています。なので、私もしっかり読んで、細かいですが、コメントを残しました。

連載原稿も2つ無事に終え、タンスも2つ製作しました。あと、もう一つ論文を書かなくてはいけないので、これからも勝負です。

某自治体シンクタンクの研究計画書のチェックも、昨年末から積み残されている仕事です。数本のチェックと思い、メールを開いたら10本もあったため、心が折れたということもあるのですが、今週中にはチェックして送ります。

読売広告社さんで報告する資料をつくったり、図書出版の企画書をつくったり、それ以前に、大学の講義がはじまるので、その講義資料もつくらなくてはいけません。明日からも、何気にドタバタした日々になりそうです。

この連休で気が付いたのですが、我が家の隣の駐車場が、いつの間にか駐車場がなくなり、工事がはじまりました。非常に大きな工事音ですが、この時間は静かです。マンションができると日当たりが悪くなるなぁ・・・と危惧しています。最近は、我が家の周りでは、いろんな工事があり、ビルが相次いで建っています。一方で、同じ市の中でも限界集落以上があります。同じ市でも二極化しており、行政は政策実施に苦労されていると思います。

とりあえず、いまから、もう一つの論文に注力します。明日中に書かなくてはいけません・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日曜日)

子どもの夢を壊さないように頑張ります。

17081_2
昨年に宿泊したホテルの窓からです。昨年も多くのホテルにお世話になりました。今年も、きっと多くのホテルにお世話になると思います。よろしくお願いします。

昨日(一昨日)は妥協して寝てしまいましたが、今日は、いま時点で、まぁまぁ進んでいます。多摩市のワークショップの資料をおくり、藤沢市議会の議会報告会の資料もおくり、八王子議会議会基本条例の検証方法の資料も送り、今年の3月に出版する図書の校正を投函しました。あと、昨年末、突然メールで依頼された某議会の議会基本条例のチェックも終えました(その市議会は、まったく面識nothingです。たまに、こういう依頼がきます)。本当は、しっかりじっかりチェックしたかったのですが、時間がないので、所見という形で返信しました(それでも数時間かかった)。私自身を褒めてあげたいと思います。

今日は、これから、頼まれている査読論文の審査結果をまとめ(ちなみに2論文ある)、連載している雑誌の原稿を2つ書いたら、寝ようと思っています。が、きっと12時をまわる頃には妥協するような気もします。けど、明日は、タンスを2つ作らないといけないので、今日、これから頑張るつもりです。

話は変わりますが、先日、第一生命保険が「大人になったらなりたい職業」が発表になり、「学者・博士」が15年ぶりに1位になったそうです。たぶん、自然科学の学者や博士をイメージしていると思います。なんで、私とは世界がやや違うと思っていますが、私も、一応、なんちゃって学者・博士なので、子どもたちの夢を壊さないように、頑張ろうと思った新年でした(ただ、個人的には、この世界で食べていくのは大変なので、あまりお薦めしませんか・・・。私は食べていけるので、本当にラッキーです)。

なので、珍しく、仕事をする日々です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧