2017年5月 3日 (水曜日)

審議会委員の入札もあるかも。

17033

当初は、こんな感じの研究室で無味乾燥的でしたが、少しずつ本とかも置いて、研究室らしくなってきました。先日は、ホワイトボードも設置しました。学生さんに組み立てにご協力いただきました。感謝です。

連休明けには、小さなテーブルと、そして仕事用の椅子も入ります。こちらの組み立ては業者さんにお願いしました。ちなみに、その椅子は自宅で使用している椅子と同じにしました。

連休も後半に入り、ようやく体調も回復傾向です。目ヤニが大量発生して、目が開かないことには、私自身が驚きました。いまは、もう目ヤニはでていません。けど、相変わらず充血しています。興奮していないのに、興奮しているようです。扁桃腺の腫れもだいたいおさまりましたが、咳はでています。私の場合は、一度、咳がでると、しばらく続くので厄介です。若いころは実感しませんでしたが、咳って意外に体力を消耗するのですね。最近は、そんなことに気が付きました。そういえば、昨年の連休は発熱して寝込んでいました。この時期は、何かと体調を崩すようです。

そういえば、先日、シンクタンク友人から、【こちら】のプロポーザルを教えてもらいました。自治体のアドバイザーのプロポーザルです。アドバイザーなんて、プロポーザルに馴染まないと思っていましたが、今は、こういう業務もプロポーザルの対象なるのですね。非常に驚きました。ちなみに委託費も、私にとっては破格で驚きました。このプロポーザルが普通で、私が安すぎるのか。私が普通で、こちらの自治体が高すぎるのかは分かりません。

ただ、私はお金で動く気はないし、先方(お声かけくださった自治体)がどれだけ動いてくれるかをポイントとしています。というのは、私がつくってしまうのは簡単ですが、それではノウハウが移転できず、ずっと誰かの依存体質になってしまうからです。私はノウハウの移転を目標としており、本来は私などはいないほうがよいと思っています。ので、だいたい3年すぎたら私は卒業しています(その意味では、いま関わっている数自治体のみは異例の5年以上となっているので、そろそろ自主退学しようと思っています)。

話は戻りますが、アドバイザーのプロポーザルがあるので、その延長線上にき、きっと審議会委員のプロポーザルもはじまるでしょう。プロポーザルならまだよくて、アドバイザーや審議会委員の入札もはじまるかもしれません。「都市計画審議会の委員の入札をします」なんてあって、「私は1回5千円!」「僕は1回5百円」「俺は1回5円!」となって、「それでは5円で入札した〇〇さんに委員をお願いします」となる日も、そんなに遠くないかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火曜日)

ホテルの窓から。

17041

昨年度と比較して、圧倒的にホテル暮らしは減りました。けど、月に数回は、やはりホテル暮らしをしています。こちらは、先日泊まったホテルの窓からです。

ところで、この一週間ほどは、体調が低空飛行です。いまいちよくありません。喉が痛く、声がでなくなりました。こんな経験ははじめてです。咳もでます。しかも、目が非常に充血しています。本当に真っ赤です。こんな赤さもはじめての経験です。

というわけで、内科と眼科にいきました。簡単に言ってしまうと、ばい菌が入り、炎症しているとのことです。ウイルス性ではないので、他人には感染しないということです。が、見栄えはあまりよまなく、周りは気にすると思います。

喉が痛いのは仕方ないし、咳が出るのも、目の充血も「しょうがないよなぁ」と諦めていて気にならないのですが、いますごく気になっているのは、咳をして、夜中に起きてしまうということです。夜中に10回くらいは目を覚ますので、それがすごい気になっています(そもそも、まずは寝付けません)。この睡眠不足が、個人的には大変なストレスとなっています。

はやく完治すべく、いまは8種類の薬を飲む日々です。私は見た目が貧弱なので、薬を飲む姿は様になっていると密かに自負しています。とりあえず、喉痛か咳か充血かのどれかは治ってほしいと思っています。連休明けには、復活していたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月27日 (木曜日)

競争から共感へのシティプロモーション。

17041_2
自治体学会の『自治体学vol.30-2』に「競争から共感へのシティプロモーション」で寄稿しています。

今年度は、これを契機に、たくさん寄稿していきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水曜日)

アタフタの日々です。

17042_2

4月になったら少しは落ち着くかな…、ブログも昔みたいに毎日書けるかな…、と思っていました。が、むしろドタバタ、アタフタの日々です。気がついたら桜は散っていました。

転職したということもあるのですが、今までとは違う世界なので、いまいち慣れずにいます。細かい点で言うと、外線の発信の仕方をはじめ、すべてが新しいので、一つひとつ覚えている最中です。連休明けくらいにはペースをつかみたいと思っています。

ブログはなかなか更新できませんが、連載原稿はしっかり書き進めています(当たり前ですが)。今年度は、今まで以上に原稿を多く書いていきたいと、心の中では思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 4日 (火曜日)

本当にお忙しい中すみません。

17022

かなり前の先日、いただきました。ありがとうございました。いつも感謝です。

ところで、ちょっと前の先日、ある自治体で研修講師をしてきました。時間になり、司会(自治体職員)さんが「時間となりましたので…」から、研修がはじまりました。

その司会さんが、こんなことを連発して言うのです。

「とてもお忙しい中、この研修に参加してくださり、すみません。」
「本当にお忙しいのに、わざわざ研究に来てくださり、すみません。」
「日常業務があるのに、貴重なお時間をいただいて申し訳ありません。」
「本当に、このような研修に参加してくださり、誠にすみません。」
等々…。

これから私が話そうとするのに、その前に、司会さんは、何度も「忙しい中、この研修に来てくださり、すみません」と言うものですから、なんか私がすごい悪い人のような感じになってきまして、私もとても恐縮して研修講師をすることになりました。

悪気があって、そう言っているのではないと思いますが、私的には微妙な研修時間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 3日 (月曜日)

東大和市は部署横断で職員が集まり“わがまちのPR方法”を立案。

170321

昨年度の仕事で泊まったホテルの窓からです。田辺さんにはお世話になりました。感謝です。前職場の最後の仕事(講演)が、田辺さん担当でよかったです。あと、邑上さんにも会えてうれしかったです。


今までは、調査と研究の活動が中心だったのですが、今後は調査が小さくなり、研究に加えて教育の活動が大きくなってきます。研究の前段階では調査もありますけど、まずは教育、その背景にある研究、そしてさらにその背景にある調査を頑張ります。


昨年度は、東大和市さんの政策づくりを後方支援をしました。様々な取り組みをしましたが、その一つが記事になりました。【こちら】にありますので、お時間のございます方は、ご一読ください。


東大和市さんは、ホップ・ステップときましたので、今年度はジャンプの年です。意外にジャンプが大変なのですが(一番力が必要)、今の東大和市さんなら大丈夫と勝手に思っています。


東大和市さんは、いま、とてもいい成果が数字で出ています。例えば、『平成27年東京都人口動態統計年報』(東京都福祉保健局)によれば、市の合計特殊出生率は1.67で、全国平均の1.45を大きく上回り、東京都26市では第1位です。


保育施設の待機児童は、平成28(2016)年4月1日現在は、たった7人です。


子育て世帯にとって子育てしやすい環境ということです。 また、これまでの取組を通じて、日経DUALと日本経済新聞社が共同で調査した「共働き子育てしやすい街総合ランキング」においては、平成27(2015)年度は都内で第5位、平成28(2016)年度は全国主要都市と都内を含めて第4位となり、子育てしやすいまちという評価を得ています。


私の持論は、しっかりやっていけば、結果はでると思っています。少しずつ、東大和市さんもいい結果がではじめています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土曜日)

以前のメールアドレスはしばらく使えます。

170401

4月1日より、大学に着任しました(准教授)。私の研究室の窓から見える景色です。ブログも「M准教授の日記」に変更します。私はITスキルがないため、いまいち変更の仕方が分からず、困っていますが、近日中に変更します。

新しいメールアドレスは分かりません(既にもらっているのかもしれない)。前職場のご厚意により、しばらくは使えるようなので、そちらに連絡ください(ここ一週間は、その問い合わせが多かったので)。

話は変わります。かなり前ですが、ある大学の学長から口頭で内定をもらい、その後、給料などを記した条件が送られてきました。で、指導教授や家族などに、大学に転職する旨を伝えました。とても指導教授は喜んでくださり、指導教授孝行ができたと思いました。

が、その2週間後に、その大学の学部長から電話があり、「内定はなし」と一方的に言われました。私は、前職場に辞表をだしていなかったので、「まぁ、今のところに残ればいいし」とか、「縁がなかったな」と思い、そんなに気にせず、「こんなことってレアケースなんだろうな」と思っていたら、意外に多いようです。ここに【まとめ】があります。最近、話題になっています。

というわけで、今日、辞令式のあった上の写真の大学も、今日になるまで「本当に採用されるのかな」と思っていました(ちなみに、正式な内定通知はいただいています)。無事に辞令をいただき、ようやく実感しました(前職場には、そういう経験があったので、ギリギリまで「退職願」は提出しませんでした。さらに「退職届」とは書かず、予防線をはって「退職願」で提出しました)。

で、その突然「内定はなし」と言われた件です。私はそんなに気にしなかったのですが、指導教授が大変に落ち込んでいる様子が電話口で伝わってきました。それが、とても悲しくといか、悔しくというか、なんとも言えない気持ちになりました。それが、今でも、ある意味、後悔として残っています。結果的に、その突然「内定はなし」と言ってきた大学よりも、今の大学がよかったのですが・・・(よかったというのは、条件などすべてにおいてです)。

今まではシンクタンク人だったのですが、今度は完全に大学人になります。ので、学生第一の教育と、教育の背景にある研究もしっかりやっていきたいと思います。このブログも、真面目なことを書きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水曜日)

ホテルの窓から。

17021

先日宿泊したホテルの窓からです。今年度までは、多くの日をホテルで過ごしていましたが、来年度はホテル暮らしが激減します。4月の手帳をみると、1泊くらいです。ガラッと生活スタイルが変わることになります。

昔みたいに、同じ区間を往復する日々の通勤電車が復活します。そうすると、また日経おねーさんにお会いできるのではないかと、ワクワクしています。

話は変わりますが(以前も書いたかもしけません)、私の実家の周囲にも「空き家」が目立ってきました。実家は政令指定都市のターミナル駅から、タクシーで10分程度の位置にあります(歩くと私の場合は20分強くらい)。そんな場所でも空き家が目立っていますから、地方圏の空き家が増えるのは、ある意味、納得です。

空き家があるんですが、同時に新築戸建ても増えているわけです。新築戸建てが増えるから、空き家が増えると言えるのかもしれません。新築戸建てを規制(?)しない限りは、空き家は増えていくんだろうなぁ…と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日曜日)

採血の実況中継。

16121


この一か月で、4回採血されました。私は見た目通り、貧弱でして(低血圧でして)、採血されると、貧血になるのです。ただし、最近は、採血されても、「見なければ大丈夫」ということがわかり、いまは寝て採ってもらっています。

昨日も、病院で採血することになり、上記の内容を伝え、寝て採ってもらうことにしました。私が寝て、採血をはじめると、看護師さんが、実況中継をはじめるのです。

「いまから消毒しますね」
「いまから針を刺しますね。少し痛いかもしれません」
という実況中継は、まだいいのですが、
「いま針を刺しました」(そんなことは痛さで理解できる)
「いま採血をしている最中です」(こんな発言はいらない)
「血が採れています。赤い血がしっかり採れています」(想像するだけで倒れそう)
「いま、半分いきました」(まだ半分なのか)
「よえやく三分の二です」(もう倒れるかもしれない)
「真っ赤な血が採れています、採れています、採れています」
「もう少しで終わりです」
「いま、完全に採れました。お疲れ様でした」
という感じでした。実況中継をされると、その様子を脳裏に浮かんでしまうため、正直、寝ているのに、倒れそうになりました。

診断の結果は異状なしでした。前日、まぁまぁ飲みましたが、特に悪い点はありませんでした。むしろ、数値は改善していました。

前日の企画では、高田さん、鈴木さんにお世話になりました。また、皆さんお元気そうで何よりでした。草莽塾が開始したころは、中堅の中堅だった皆さんも、今では中堅の柱(後半)に入りつつあり、いいポジションにつきつつあります。私も、皆さんに負けないように頑張ろうと、改めて誓いました。

また来年も企画よろしくお願いします。

写真は、以前、いただいたものになります。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 7日 (火曜日)

グダグタだった講演会。

16122

今日の講演はグダグタでした。私自身がそのように実感しているので、聞いているほうは、ご苦労されたと思います。グダグタの理由は、時間のわりには、多くのことを入れすぎたということです。特に今回は、伝えたいことをいれすぎて失敗した感があります。基本的に、私は90分で伝えるという感じで組み立てているのですが、最近は、60分や45分などという機会が増えてきました。この点は、次回は失敗しないようにしなくてはいけないと、改めて実感しました。

あと、話している最中に、非常に喉が渇き、しかも喉が痛くなるということです。この時期は花粉症に悩まされていて、花粉症の薬を飲むと、私の場合は、非常に喉がカラカラになります。そして話し続けていると、喉が痛くなってくるのです。喉飴をなめながら話せば、だいぶよくなるのですが、そういうわけにはいかないし・・・。来年の3月は、基本的に講演等は断ろうかなと思っています。

写真は、以前、宿泊したホテルの窓からです。私は、外を見ながら、パチパチとパソコンに向かうのが好きです。自宅も、今のところ、私の部屋があり、窓のそばに机を置いています。そこで日々、深夜までパチパチと、何かしら原稿を書いたり、本を読んだりしています。ところが、最近は、目が悪くなり、パチパチと打つ速度が遅くなった気がしますし、本を読むスピードも遅くなった感じがあります。

それ以前に、私の部屋がそろそろ乗っ取られそうな感じがあります。今度は、どこを拠点にパチパチするか検討しているところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧