2021年2月23日 (火曜日)

危機感の日常化。

久しぶりに、行きつけのファミレスに行ったら、閉店していた・・・。ポイントをためてきたのに・・・残念。

最近思うことは、地方自治体の現場における「危機感の日常化」です。例えば、将来人口推計を確認すると「10年間で1万人減少する」というデータがあったとします。当初は「やばいぜ、こんだけ減っちゃうのか!」と思ってみているのですが、会議のたびに「10年間で1万人減少する」というデータを見ると慣れてしまいます。これは「危機感の日常化」という言えそうです。

会議の旅に、そういうデータを見ていると、危機感が当たり前になり、危機を認識しなくなります。その結果、地方自治体の発展意欲は低減し、衰退への一歩を踏み出すことになります。この点は注意しなくてはいけないと思います。

「10年間で1万人の減少」は「1年間に1千人の減少」を意味します。「1年間に1千人の減少」は「1日あたり2.7人の減少」です。朝、市役所に出社すると、両隣の職員がいなくなっていることです。この事実を目の当たりにすると、危機感を抱きます。しかしデータだけで「10年間で1万人の減少」ばかりを見ていると、危機感の日常化が起きます。

民間企業の場合は、朝、出社したら「倒産」していて職場に入れないということがあります。民間企業に勤める全員が・・・とは言いませんが、「うちの会社倒産しないだろうか」「路頭に迷わないだろうか」という意識を少しはもちながら働いていると思います。危機感を身近に感じています。しかし、地方自治体は、朝、出社したら倒産していて無職になる・・・ということはありません。その意味でも、危機感が遠くにあったりします。危機感があっても、緩いのです。その緩さが「危機感の日常化」をまねく一要因とも思っています。

組織が発展する一つの原動力は危機感です。危機感の日常化には注意しなくてはいけません。

| | コメント (0)

2021年2月21日 (日曜日)

市民と行政との協働によるまちづくりの推進。

一昨年になりますが、西条市(愛媛県)で「市民と行政との協働によるまちづくりの推進」を図るために、市民、NPO職員、市職員などの皆さんと、地域の協働まちづくりを考えていました。月に1回程度、18:00以降に集まり、意見交換したり、ワークショップしたり、いろいろと活動をしていました(当時、参加していた高校生は、いまは大学生になっているでしょう)。

その成果がパンフレットとしてまとまり、【こちら】のサイトにあります。

このパンフレットも素晴らしいのですが、「西条市における協働のまちづくりを進めるためにはどうすればいい?」をテーマに、市民、NPO職員、市職員など関係者の皆さんが、同じ時間と空間を共有したところにも意義があると思っています。その過程をとおして同じ目標を見出すこともできました。今では、同じ思い出を共有しています。

このことは、いま私が研究し実践しているシビックプライドの醸成と、活動人口の創出につながっていると思います。

西条市市民活動支援センターの皆様、お世話になりまして、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2021年2月19日 (金曜日)

雑誌に寄稿しました。

雑誌に寄稿しました。【こちら】にあります。

テーマは「仕事に役立つ・政策づくりに生かせる~情報収集と分析(2)」です。
こちらは、昨日のブログとは違い、しっかり書いた記憶が・・・。

今週は、比較的、時間が取れるので、一気にいろいろと書き進めたいと思います。


| | コメント (0)

2021年2月18日 (木曜日)

FUN活城市:新「兒童」樂園。

雑誌に寄稿しました。【こちら】にあります。

下記のようにあります。

【特別報導 Special Report-FUN活城市】
海的那邊:日本戶田市
新「兒童」樂園
文/牧瀬 稔

どうも戸田市の事例を私が書いたようなのですが、いまいち記憶が・・・。

ただ最近は、日本を飛び越してアジア圏(特に中国語圏)から取材や問合せが増えています。なんでですかね・・・。とても不思議です。




| | コメント (0)

2021年2月 9日 (火曜日)

新型コロナウイルス感染症と地域創生を考える。

内部向けに書いたものですが、下記します。

=====

「新型コロナウイルス感染症と地域創生を考える」

 新型コロナウイルス感染症により、私たちの日常生活が大きく変わりました。
 そして、私が取り組んでいる地域創生も変化しました。三密回避のため、現場に行く機会が減りました。非接触のため、対面で人と会う機会も少なくなりました(ヒアリング調査を避けるようになっています)。
 私は現場に軸足があり、現場志向の政策づくり(研究を含む)を進めてきました。今年度は、それらがほとんど出来ませんでした(学務の関係で現場に行ける機会が減ったということもありますが)。
 新型コロナワクチンの接種が始まり、また集団免疫ができても、100%過去の状態に戻るとは思えません。ビジネスを中心にオンライン化(遠隔化)が進んでおり、地域創生の進め方も変わっていくと思います。来年度は、コロナ禍における――、あるいはポストコロナにおける――、地域創生を考えていく時期かもしれません。

| | コメント (0)

2021年2月 7日 (日曜日)

VUCA時代を乗り越える職員の能力開発の方策。

「VUCA時代を乗り越える職員の能力開発の方策」というテーマで、自治大学校に寄稿しました。【こちら】にあります。寄稿の機会をくださり、ありがとうございました。

あと「時事テーマから斬る地域経営 「関係人口」の注意点」というテーマでは、【こちら】に寄稿しています。日々、いろんなことに関心を持ち、いろいろと調べて、現場にも行って体感して、まとめています。

| | コメント (0)

2021年1月30日 (土曜日)

政策提言が記事になりました。

先日、ゼミナール活動の一環として、藤沢市議会に政策提言してきた・・・という報告は、こちらのブログでしました。

その様子が記事になりました。【こちら】にあります。ゼミ生たちにとって、いい思い出になったと、勝手に思っています。

改めまして、議長、副議長、委員長、副委員長をはじめ、皆様なはお世話になりました。感謝申し上げます。

| | コメント (0)

2021年1月29日 (金曜日)

市民のシビックプライドを高めるための観光のあり方。

公益社団法人日本観光振興協会か発行している『観光とまちづくり』に「市民のシビックプライドを高めるための観光のあり方」というテーマで寄稿しました。参照は【こちら】です。

来年度は、より観光に特化して、調査・研究を進めていこうと思っています(同時に、実践的な活動も展開していこうと思っています)。

| | コメント (0)

2021年1月27日 (水曜日)

議会報告会から政策提言へ。

210126

本日、ゼミ生が藤沢市議会に政策提言をしました。詳細は、ゼミのインスタにあります。【こちら】です。畠山くん、記事の作成ありがとうございました。

議長、副議長、広報広聴委員長をはじめ議員の皆様、事務局職員の皆様にお世話になりました。感謝申し上げます。

今回の取組みは、オープンイノベーションと言えそうです。オープンイノベーションの意味は多義的です。その中で私は「地方自治体単独で政策づくり等に取り組むのではなく、地域住民や民間企業、大学など多様な主体が持つアイデアやサービス、ノウハウなどを組み合わせ、革新的なビジネスモデルや地域活性化につなげる活動」と定義しています。藤沢市議会の議会報告会は、報告だけに終始するのではなく、政策づくりにまでつながっています。これはオープンイノベーションの好事例と言えます。

最近は、ゼミ生の活躍の場をつくる日々です(ゼミ生は「またかよ」と思っているかもしれませんが)。意外と、事前の連絡調整に時間がとられるのですが、教育効果を考えると、きっとよい経験になると思っています。

同時に受け入れる側は、思いつかないような発想が提示されることもあるため、双方にメリットのある取組みと、私は勝手に思っています。また、いろいろと企画していきたいと思っています。

本当は、対面での機会を提供したいのですが、新型コロナウイルス感染症の影響で、オンラインばかりです。北上市の政策提言は、何としてでも対面で実施したい思っています。

話は変わりますが、本日、久しぶりにネクタイをしたのですが、コロナ太りにより、ネクタイができず、焦りました。ネクタイができずというか、首回りのボタンがしまらないのです。少し大きいワイシャツで乗り切りましたが・・・。ネクタイは久しぶりでした。

実は毎年、少しずつ服装をラフにしています。いまはネクタイは基本的にしないようにしています(もちろんTPOでつけています)。少しずつ服装をラフにしていって、最終的にはジャージ(ないしパジャマ)で職場に行くのが目標です。5年計画でやっていきたと思っています。

| | コメント (0)

2020年10月31日 (土曜日)

財政が縮小していく中で市民サービスが向上する。

なかなかブログを書けてませんが、元気でやっています(コロナではなく、咳がやや止まりませんが・・・)。

先日、「噂の東京マガジン」でコメントしました。
先日、神奈川新聞に掲載されました。【こちら】に記事があります。
先日、海と灯台学に関して、コメントしました。【こちら】にあります。

先日、某市長の発言が気になりました。「財政が縮小していくが、市民サービスを向上させていく」です。これって、私に当てはまると、「収入が減っているのに、生活水準が向上していく」となります。これって、普通に考えると、破綻です。

そろそろ「収入が減っていくにともない、生活水準もあわせていく」という発想にならなくちゃいけないと思います。



| | コメント (0)

より以前の記事一覧